人気高級機をワイヤレス化、ゼンハイザーから「IE 80S BT」

人気高級機をワイヤレス化、ゼンハイザーから「IE 80S BT」

ホームシアター市場では2019年4月以降、ソニーが首位をキープしている

 ゼンハイザーは9月3日、イヤホンの新製品として「IE 80S BT」を発表した。税別実勢価格は6万500円。9月12日に発売する。
 IE 80S BTは、同社イヤホンの人気モデル「IE 80 S」をワイヤレス化。特徴的な角形のハウジングを踏襲したデザインで、旭化成エレクトロニクスのハイエンドD/Aコンバーターを採用している。
 対応コーデックは、SBC/AAC/aptX/aptX LL/aptX HD/LHDC。ファーウェイ独自規格のHWAにも対応する。接続方式はBluetooth 5.0。バッテリ充電時間は1.5時間で、6時間の連続再生ができる。ハンズフリー通話にも対応する。周波数特性は10〜2万Hz。感度は110dB。

関連記事(外部サイト)