自席から顧客のスマホで食事注文、テーブルオーダー「SelfU」本格導入開始

自席から顧客のスマホで食事注文、テーブルオーダー「SelfU」本格導入開始

顧客自身のスマホで注文を完結するテーブルオーダー「SelfU(セルフ)」の本格導入が始まった

 Showcase Gigは9月3日、スマートフォン(スマホ)によるセルフテーブルオーダー「SelfU(セルフ)」の本格提供を開始したと発表した。飲食店での顧客体験を刷新しようとしている「O:derプラットフォーム」の最新サービスとしてリリースしている。
 SelfUは、飲食店に来店した顧客が、自身のスマホ上で注文を完結させることができるサービス。顧客は、テーブルに設置されている二次元バーコードをスマホで読み取り、メニュー画面にアクセス、数量やオプションを決め、キッチンに注文を送信する。会計の申請も、同サービス上で行うことができる。
 店舗側は、ホール業務の削減による省人化が可能になる。また、決済用端末が必要ないので、コスト削減にもつながる。既に、首都圏の焼き肉・居酒屋チェーンなどで導入を開始している。テスト導入後の検証結果では、平均値で導入前と比較して約40%減のホールスタッフ数で店舗運営ができるようになったという。
 分かりやすい使い勝手のほか、多言語対応によってインバウンド顧客にも対応できる点が特徴。顧客自身がリアルタイムで注文履歴を確認することができるので、「注文ミス」や店舗側の「打ち込みミス」などを防ぐ。
 今後は、顧客自身のスマホで会計まで完結することができる決済機能や、店舗ごとのポイントを付与する機能、来店・利用のリワード機能、顧客属性に応じたサービスなどを提供する機能の拡充を予定。店舗での飲食体験を向上させていくとしている。

関連記事(外部サイト)