音声操作対応の「Fire TV Cube」が日本初上陸、ハンズフリーで映像コンテンツにアクセス

音声操作対応の「Fire TV Cube」が日本初上陸、ハンズフリーで映像コンテンツにアクセス

日本初上陸の「Fire TV Cube」、11月5日に出荷を開始する

 Amazon.co.jpは9月5日、メディアストリーミング端末「Fire TV」シリーズの新モデルとして「Fire TV Cube」を発表した。税込価格は1万4980円で、同日から予約を受け付け、11月5日に出荷を開始する。
 Fire TV Cubeは、同シリーズで初めて遠隔音声認識機能を搭載。米国で第一世代を2018年に発売しており、日本で展開するのは第二世代にあたる。新たにマルチルームミュージック機能やアナウンス機能、会話継続モードなどを追加し、より利用シーンの幅が広がっているのが特徴だ。
 性能は、Fire TV 史上最高でパワフルなヘキサコアプロセッサによって、動作が滑らかになっているほか、Dolby Visionや最大60fpsの4K UHDメディア、HDR 10+、Dolby Atmosにも対応している。
 音声認識は、八つのマイクアレイと高度なビームフォーミング技術によって音の種類を聞き分け、雑音の中でも話者の声を識別することが可能。また、双方向の赤外線(IR)、HDMI-CECやクラウド経由での制御にも対応し、Alexaを通じて家庭のデバイスをコントロールすることもできる。

関連記事(外部サイト)