ソフトバンクの新半額プランは回線契約者以外も対象! 通信プラン分離で違法を回避

ソフトバンクの新半額プランは回線契約者以外も対象! 通信プラン分離で違法を回避

9月13日に提供を開始する「半額サポート+(プラス)」

 ソフトバンクは、9月9日に都内で記者会見を開催し、機種代金の支払いが最大で半額不要になる新プログラム「半額サポート+(プラス)」を発表した。9月13日に提供を開始する。
 同社がこれまで提供していた端末購入を補助する半額サポートは、「対象機種を48回払いで購入し、25か月目以降に同社が指定する機種を購入すると旧機種の分割支払金の支払いが不要になる」というもの。要するに、新端末を実質半額で購入できるが、2年契約プランを更新し続けることが条件だった。
 しかし、この条件は10月1日から電気通信事業法で違法になる。改正によって、「継続利用値引き」「端末購入補助は最大2万円まで」という項目が追加されるからだ。新プログラムでは、こうした状況の変化を受け、料金プランの縛りを廃止。従来の「半額サポート」の仕組みをそのままに、純粋な「端末購入プラン」として提供する。
 料金プランの縛りがなくなる以外にも変更点はある。まず、これまで無料だったプログラム利用料が有料化。390円×24カ月が発生するようになる。次にプログラムを利用できる対象範囲が拡大。ソフトバンクの回線契約の有無を問わず、加入できるようになる。
 なお、購入した端末はソフトバンクのSIMロックがかかっており、ソフトバンク以外の回線で利用する場合、SIMロック解除要件である購入から100日を待たなければならない。ソフトバンク回線契約者以外のプログラム提供は9月26日からとなる。

関連記事(外部サイト)