凸版印刷、吊り下げ型陳列棚のICタグで店頭在庫をリアルタイム管理

 凸版印刷は9月9日、流通・小売店向けの吊り下げ型商品陳列棚に対応したICタグ「スマートシェルフ」をタカヤと共同開発して、2020年度以降の販売を目指すと発表した。
 凸版印刷は、2017年9月から店頭在庫を管理するICタグ「SMARTICS-U(スマーティックス・ユー)」を提供。このSMARTICS-Uを活用して、リアルタイムに店頭在庫を確認できる陳列棚「スマートシェルフ」を開発・提供している。今回は、吊り下げ型陳列棚に対応したものとなる。
 従来のスマートシェルフは、シート型のアンテナの上に、ICタグを外装パッケージに内蔵した商品を置くことで、商品の有無を検知していた。今回のスマートシェルフは、吊り下げフックの部分にアンテナを装着するため任意の箇所で陳列が可能になる。
 「店頭に何個陳列されているのか」「店頭の商品が品切れになっていないか」などを店員が巡回して確認する必要がなくなり、欠品情報をリアルタイムで把握することができる。棚卸業務の省人化や店員の接客業務の効率化につながる。
 また、商品を手に取った瞬間にデジタルサイネージ上でその商品の詳細な説明や関連商品の提案を表示するなど、デジタルサイネージと連携させることも可能だ。