楽天ペイ、増税後は全店舗で一律5%還元 ポイント還元事業対象外店舗も対象に

楽天ペイ、増税後は全店舗で一律5%還元 ポイント還元事業対象外店舗も対象に

増税後、楽天ペイは全利用可能店舗で一律5%の還元になる

 消費増税が目前に迫ってきた。楽天が提供するスマートフォン決済サービス「楽天ペイ」では、10月1日0時〜12月2日9時59分まで、同サービスに対応する全ての店舗(一部店舗除く)で5%還元キャンペーンを実施する。
 還元対象は、同キャンペーンにエントリーし、期間中に対象店舗で楽天ペイによる決済を行ったユーザー。還元されるポイントは、期間限定(2020年1月まで)の楽天スーパーポイントで、期間中の還元上限は3000円相当。12月末ごろ付与する。
 10月1日から、対象の中小・小規模店舗でキャッシュレス決済を行った消費者に会計金額の5%(フランチャイズは2%)を還元する「キャッシュレス・ポイント還元事業」が始まる。こちらの期間は2020年6月30日まで。同事業の還元と合わせて、合計5%が還元されるように還元率を調整する。
 例えば、ポイント還元事業の対象店舗で楽天ペイを利用した場合、すでに5%の還元があるので、キャンペーンからの還元は0%。フランチャイズの場合は、ポイント還元事業から2%、楽天のキャンペーンから3%還元される。また、ポイント還元事業の対象外店舗の場合は、楽天のキャンペーンから5%が還元される。いずれも、合計5%の還元になる。
 今回のキャンペーンは「【第1弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」と位置付けられており、第2弾の詳細は後日発表するとしている。

関連記事(外部サイト)