NTTドコモの「d払い」、増税後は実質最大32.5%還元 条件は多数

NTTドコモの「d払い」、増税後は実質最大32.5%還元 条件は多数

d払いも政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に参画

 NTTドコモのスマートフォン(スマホ)決済サービス「d払い」は、10月1日にスタートした政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」と組み合わせると、最大5.5%還元になる。さらに、10月14日までは「d払い 20%還元キャンペーン」を開催しているほか、「dポイント スーパー還元プログラム」で最大7%還元がある。全て組み合わせると、実質最大32.5%の還元を受けることができる。
 ポイント還元事業は、対象となる中小・小規模事業者でキャッシュレス決済すると5%、コンビニなどのフランチャイズチェーンでは2%のポイント還元が受けられる国の補助金事業。10月1日から2020年6月30日まで実施される。ポイントの付与は、10月利用分であれば12月に付与される予定だ。
 d払い 20%還元キャンペーンは、エントリーしてから期間中にd払いを利用すると、会計金額の最大20%相当がdポイントで戻ってくる施策。決済1回当たりの還元上限が1000ポイントで、期間中の上限が3000ポイントとしている。
 dポイント スーパー還元プログラムは、dポイントクラブ会員がエントリー後、期間中に「d払い」か「iD(dカード)」で支払った金額に対して、条件を満たしている分だけ還元する施策だ。
 条件は、「前月末時点でドコモの利用料金の支払いにdカードを設定していること」「『いちおしパック』/『DAZN for docomo』/『Disney DELUXE』に前月末時点で契約していること」「当月のdポイントクラブの会員ステージがプラチナステージであること」「前月末時点でいずれかの月額課金サービスのご契約があること、または前月中にいずれかの都度課金サービスのご利用があること」の計六つ。最後の条件だけ2%還元で、ほかは1%還元になる。
 このほか、ネットショップなら、金/土曜日なら最大5%還元になる「毎週おトクなd曜日」を実施している。こちらもエントリーする必要があるが、ネットでd払いを利用した際の通常還元率1%に加え、d払い 20%還元キャンペーン、d曜日の2%還元、同月内の金/土曜日に3サイト以上でd払いで買い物(1決済当たり税込3000円以上)をすると3%還元で、ポイント還元事業の5%還元を加えると合計最大31%還元になる。
 なお、d曜日にエントリーした際の還元上限は1万ポイント/月。3サイト買い回りでの還元上限は1万ポイント/月で、いずれも期間・用途限定のポイントになる。ポイント還元事業の還元上限は3万ポイント/月としている。
 細かい条件は書くとキリがないので割愛させてもらうが、先述の条件だけでも十分多い。実質最大30%以上の還元は魅力的だが、条件を満たすのは生半可な覚悟では難しそうだ。自身にあった落としどころを探すと、混乱少なく、お得な買い物を楽しむことができるだろう。

関連記事(外部サイト)