1万円台前半のお手頃ドラレコ、オウルテックから小型の2モデル

1万円台前半のお手頃ドラレコ、オウルテックから小型の2モデル

オウルテックからお手頃価格&小型ボディのドラレコ新製品

 オウルテックは、ドライブレコーダー(ドラレコ)の新製品2モデルを11月1日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格はモニターレス&小型ボディの「OWL-DR901W」が1万3800円、HDR機能を搭載する「OWL-DR501」が1万2000円。
 OWL-DR901Wは、モニターレスにすることで装着時の視界を妨げないコンパクトなボディを実現。Wi-FiやWDR(逆行補正)など、基本機能をしっかり押さえている。レンズは、広角143°で人の視界に近い範囲の記録が可能だ。リアガラスへの装着もでき、後方からのあおり運転対策にも使える。
 OWL-DR501は、156°の超広角レンズを採用し、さらに広範囲の映像を撮影することができる。HDR技術に対応し、明暗差の大きい場所でもくっきりと細部までの記録が可能。Gセンサーと連動し、通常時に録音オフ、衝撃時にオンと自動で切り替えるプライバシーオート録音機能を搭載する。
 ドラレコは、ふるさと納税の返礼品で選ばれるケースが多い。オウルテックが本社を構える神奈川県海老名市では、今年の寄付金総額の30%を占めているという。

関連記事(外部サイト)