赤を表現したプレミアムエディション、「VAIO SX12」「VAIO SX14」の「RED EDITION」

赤を表現したプレミアムエディション、「VAIO SX12」「VAIO SX14」の「RED EDITION」

赤を表現したプレミアムエディション、「VAIO SX12」「VAIO SX14」の「RED EDITION」の画像

 VAIOは、モバイルノートPC「VAIO SX12」「VAIO SX14」において、VAIO理想の「赤」を表現するプレミアムエディション「RED EDITION」の受注を、数量限定で1月23日に開始した。どちらも最速1月31日の配達で、税別価格は24万1800円から。
 RED EDITIONでは、天板パネルの塗装を3層コート仕上げとしており、第1層目にピンクカラーのメタリック塗装で輝きを作り、その上に透過する赤塗料を重ね塗りすることで深みのある赤を実現した。さらに、光沢UVコーティングを行うことによって、高級感のある艶感を出しつつ、傷のつきにくく仕上げている。
 「VAIO SX12 RED EDITION」「VAIO SX14 RED EDITION」では、新たに開発された黒のキーキャップ上に打刻される文字も黒の刻印にした、隠し刻印キーボードを選べるようになった。
 VAIO SX12 RED EDITIONは、CPUにインテルCore i7-10710U、12.5インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)を搭載し、インターフェースがUSB Type-C×1基、USB3.1×1基、USB3.0×2基、HDMI出力、ミニD-sub15ピン、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロット、microSIMスロットなどを備える。
 対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、3G/LTE対応無線WAN、Bluetooth 4.1。
 バッテリ駆動時間は約13.0〜14.5時間。サイズが幅287.8×高さ15.7〜18.0×奥行き203.37mmで、重さが約910gとなっている。
 メモリが8GBまたは16GB、SSDが512GBまたは256GB(どちらもNVMe SSD)、OSがWindows 10 Pro 64ビットまたはWindows 10 Home 64ビットを選べる。
 VAIO SX14 RED EDITIONは、CPUにインテルCore i7-10710Uを搭載し、インターフェースがUSB Type-C×1基、USB3.1×1基、USB3.0×2基、HDMI出力、ミニD-sub15ピン、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロット、microSIMスロットなどを備える。
 対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、3G/LTE対応無線WAN、Bluetooth 4.1。サイズは幅320.4×高さ15.0〜17.9×奥行き222.7mm。
 液晶ディスプレイが14.0インチワイドで、解像度が3840×2160(Ultra HD)または1920×1080(フルHD)を選択できる。また、メモリが16GBまたは8GB、SSDは512GBまたは256GB(どちらもNVMe SSD)、OSがWindows 10 Pro 64ビットまたはWindows 10 Home 64ビットを選べる。
 なお、1月23日〜6月30日の期間、「新生活応援10,000円キャッシュバックキャンペーン」を実施する。対象は、1月23日〜5月25日の期間に購入または注文したVAIO SX14とVAIO SX12(どちらも2020年1月発売モデル)、VAIO S15(2019年11月発売モデル)、VAIO A12。

関連記事(外部サイト)