「家電コンシェルジュ」を体験、ノジマがキッザニア東京にパビリオンを出展

「家電コンシェルジュ」を体験、ノジマがキッザニア東京にパビリオンを出展

パビリオンのイメージ

 ノジマと「キッザニア」を運営するKCJ GROUPは、「キッザニア東京」へのパビリオン出展に関して合意し、ノジマがオフィシャルスポンサーとして、「家電専門店」パビリオンを3月19日にオープンする。
 家電専門店パビリオンでは、本物の家電が設置された「店舗エリア」と、リビングを模した部屋に家電をコーディネートした「ショールームエリア」の2つエリアを設ける。子どもたちは「家電コンシェルジュ」として、接客マナーや家電の知識、家電コーディネートなどを学んだ後、専用のタブレット端末を使って、顧客のライフスタイルに合わせたコーディネートプランを作成する。
 これらの体験を通じて、子どもたちは、家電の機能や役割を知るとともに、「家電コンシェルジュ」としてのホスピタリティを学ぶ。
 本物の家電を設置した店舗エリアでは、スマートスピーカーを使って家電を起動したり、実際に触れたりすることで、体験の深度化を図る。家電がコーディネートされた空間を演出したショールームエリアでは、家電コーディネートがどういったものかを体感しながら学ぶことができる。
 さらに、コーディネート用アプリケーションを搭載したタブレット端末を使用し、3Dシミュレーション画像を作成することで、体験の中に作業の面白さや楽しさをプラスする。

関連記事(外部サイト)