CP+2020中止で緊急会見「カメラを触って確かめる見本市という特性を考え決断」

CP+2020中止で緊急会見「カメラを触って確かめる見本市という特性を考え決断」

CP+2020中止で緊急会見

 カメラ映像機器工業会(CIPA)は2月14日、2月27日から3月1日までの4日間にわたって横浜市のパシフィコ横浜で開催を予定していた、カメラ・映像機器の見本市「CP+2020」の開催を中止すると発表、記者会見を開いた。
 新型コロナウイルスによる感染拡大を防ぐための措置。およそ7万人の来場を見込むCP+は、最新のカメラや関連機材を来場者が手に取って操作感などを確かめることができる見本市。その際、感染するリスクを排除しきれないとして、中止を決定した。CIPAでは、今年は開催せず、代替の日程での開催はしない方針。損害額などの算定や負担に関しては未定という。
 CIPAの真栄田雅也代表理事会長は、「新型コロナウイルスが依然として鎮静化の兆しが見えない。健康安全を第一に考え中止の決定に至った。いろいろな意見があったが、カメラショーというイベントの特性を考えて判断に至った」と話した。(BCN・道越一郎)

関連記事(外部サイト)