「クイック冷却」を新搭載、日立の大容量冷蔵庫「HXタイプ」「HWタイプ」

「クイック冷却」を新搭載、日立の大容量冷蔵庫「HXタイプ」「HWタイプ」

日立が大容量冷蔵庫の新製品を発売

 日立グローバルライフソリューションズは、急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」を新たに搭載した大容量冷蔵庫「HXタイプ」2機種(定格内容積602L/520L)、「HWタイプ」3機種(定格内容積602L/520L/475L)を3月12日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は、HXタイプの「R-HX60N(602L)」が39万円前後、「R-HX52N(520L)」が34万円前後、HWタイプの「R-HW60N(602L)」が37万円前後、「R-HW52N(520L)」が32万円前後、「R-HW48N(475L)」が30万円前後。
 新製品は、「まんなか冷凍タイプ」の大容量冷蔵庫で、今回、外装色に高い質感のクリスタルミラーと微細なパターンを施したファインシャンパンを採用したHXタイプ2機種を新規投入するとともに、HWタイプに内容積475Lの機種を追加した。
 HXタイプとHWタイプともに、冷蔵室の棚のどこに置いても鮮度が長持ちする、まるごとチルドを引き続き採用。棚スペース全体をチルド温度約2℃、湿度約80%にすることで、どこに置いても鮮度が長持ちするとともに、一時保存のサラダはラップなしでも乾燥を抑える。
 また、冷蔵室の新機能として、冷気の風量を一定時間増やすことで、棚のどこに置いても早く冷却するクイック冷却を採用した。つくりたての弁当を冷ましたり、調理中のあら熱取りに費やす時間を短縮することができる。
 冷蔵室下部に、乾燥を抑え、凍らせない約−1℃で肉や魚をおいしく保存する「特鮮氷温ルーム」を、野菜室に、野菜を眠らせるように保存し、みずみずしさが長持ちする「新鮮スリープ野菜室(下段スペース)」を、冷凍室下段には、すばやくおいしくホームフリージングできる「デリシャス冷凍」を引き続き採用している。

関連記事(外部サイト)