高輪ゲートウェイの「スタバ」はモバイルオーダー、3月23日オープン

高輪ゲートウェイの「スタバ」はモバイルオーダー、3月23日オープン

高輪ゲートウェイのスターバックス コーヒーはモバイルオーダーができる

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は3月14日にJR山手線と京浜東北線の田町・品川駅間に開業する新駅「高輪ゲートウェイ駅」に、ブース型シェアオフィスを備えた新しいスタイルの「スターバックス コーヒー」を3月23日にオープンする。仮称の店舗名は「スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店」。すでに発表している無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」も同日にオープンする。
 高輪ゲートウェイのスタバは、Suicaなど交通系電子マネー決済やスターバックスの公式モバイルアプリから事前に注文決済ができる「Mobile Order & Pay」を導入する。レジに並ばすに商品をスマートに受け取ることができる。また、ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」などさまざまな実証実験を通じて導入を図っていく。
 「TOUCH TO GO」は商品を手に取るだけでウォークスルーの買い物ができる無人AI決済技術で、人手不足の解消を目指す。
 ほかにも日本航空(JAL)と連携したXRゴーグルをつけてバーチャルな旅を五感で体験できる「JAL xR Traveler」の実証実験を4月1日から開始する。

関連記事(外部サイト)