ソフトバンクが手提げ袋で環境保護に寄与、携帯ショップで「Bio LIMEX Bag」採用

ソフトバンクが手提げ袋で環境保護に寄与、携帯ショップで「Bio LIMEX Bag」採用

新素材を使用した「Bio LIMEX Bag」

 ソフトバンクと紙・プラスチックの代替となる環境配慮型の新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発・製造・販売するTBMは2月17日、全国約6000全ての「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の携帯電話取扱店で使用する手提げ袋に、石灰石と植物由来樹脂を使用した「Bio LIMEX Bag(バイオライメックスバッグ)」を5月から順次導入すると発表した。
 Bio LIMEX Bagは、従来のプラスチック製の袋と比較して石油由来プラスチックの使用量や二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減できる高い環境性能を備えており、19年6月に開催されたG20大阪サミットの会場内の運営品としても採用されている。
 ソフトバンクでは、地球環境保護への取り組みとして「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の携帯電話取扱店で、顧客にカタログなどを渡す際に使用しているプラスチック製手提げ袋について、紙袋など代替素材への切り替えを検討してきた。19年12月から、全国の直営店や神奈川県と福井県の一部店舗でLIMEX製品の試験導入を実施し、石油由来プラスチックの使用量を削減できる環境性能に加えて、プラスチック製品と変わらない十分な耐久性、柔軟な手触りなどを評価した結果、今回、全店舗での導入に至った。
 今後、ソフトバンクは、店舗で年間約550万枚を使用しているプラスチック製の手提げ袋を廃止し、Bio LIMEX Bagへ切り替えることでプラスチックごみを削減するとともに、資源保全や気候変動対策など、地球環境保護に貢献していく。また、ソフトバンクとTBMは、LIMEX製品の活用を通して地球環境に配慮した循環型社会の実現に取り組んでいく方針。

関連記事(外部サイト)