プルーム・テック使用者のたばこ関連疾患指標値は「非喫煙者」の値に近い、JTが発表

プルーム・テック使用者のたばこ関連疾患指標値は「非喫煙者」の値に近い、JTが発表

JTは「プルーム・テック」は紙巻タバコと比較して健康懸念物質を平均約99%低減するという調査結果を発表した

 JTは3月26日に低温加熱式タバコ「プルーム・テック」を対象に実施した生体影響調査について会見し、紙巻タバコと比較してWHOが公表している九つの健康懸念物質が平均して約99%低減していることを発表した。
 プルーム・テックはカートリッジに入ったリキッドを加熱、蒸気をタバコカプセルに通過させて発生したタバコベイパーを吸引する。タバコを燃焼させないため、煙は発生しないのが特徴だ。
 調査は21歳〜65歳未満の男女、プルーム・テック使用者259人、紙巻タバコ喫煙者100人、非喫煙者100人を対象に2019年5月〜9月の期間で実施した。指標としたのは、白血球数・sICAM-1・sICAM-1・11-DHTXB2・2,3-d-TXB2・HDLコレステロール・%FEV1の検出量。
 結果、プルーム・テック使用者の検出量は紙巻タバコ喫煙者と比較して、白血球数・sICAM-1・sICAM-1・11-DHTXB2・2,3-d-TXB2が減少、HDLコレステロール・%FEV1が増加。これは非喫煙者グループに近い値だった。
 JTは、「プルーム・テックはリスク低減商品に位置付けられるが、この分野はまだ市場に出てから日が浅い。長期的に調査・研究を進め、生体影響をモニタリングしている」と今後の方針を示した。

関連記事(外部サイト)