富士通、15.6インチノートなど、個人向けPCのラインアップを強化

富士通、15.6インチノートなど、個人向けPCのラインアップを強化

LIFEBOOK AHシリーズ

 富士通は5月18日、個人向けPC「FMVシリーズ」の新製品として、15.6インチのノートPC「LIFEBOOK AHシリーズ」3機種と、23.8インチの液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO FH52/B2」を発売した。全機種にLTSの英語学習ソフト「Learn to Speak English 12」を新たに搭載。基本性能の強化に加え、ソフトウェアを充実させた。価格はいずれもオープン。 「LIFEBOOK AHシリーズ」は、CPUや光学ドライブなどの仕様が異なる「AH53/B2」「AH45/B2」「AH42/B2」をラインアップ。いずれも最新の日本語入力システム「ATOK 2017 for Windows」をプリインストールし、約2.5mmのしっかりと打ち込める深いキーストロークのキーボードと組み合わせ、快適に文字を入力できる。
 税別の実勢価格は、第7世代の最新クアッドコアCPU、広視野角のフルHD液晶ディスプレイ、ハイレゾ再生に適したオンキヨー製スピーカーを搭載したハイエンドモデル「AH53/B2」が20万円強、フルHD液晶ディスプレイやBDXL対応Blu-rayディスクドライブなどを搭載し、基本性能を強化したベーシックモデル「AH45/B2」が17万円前後、スーパーマルチドライブを搭載した「AH42/B2」は14万円強。
 共通の仕様として、1TBのHDD、HDMI端子、USB3.1 Type-Cポートなどを搭載する。OSはWindows 10 Home 64ビット。また、「AH53/B2」「AH45/B2」は、360°カメラで撮影した動画を再生できるサイバーリンクの動画再生ソフト「Power Media Player」を新たに搭載した。360°動画の編集機能を追加した「CyberLink PowerDirector 15 for FUJITSU」への無料アップグレードにも対応する。サイズは幅378.0×高さ24.7〜26.4×奥行き256.0mmで、重さは約2.3kg。
 カラーは、「AH53/B2」はシャイニーブラック、プレミアムホワイト、ガーネットレッド、「AH45/B2」はシャイニーブラック、ルビーレッド、プレミアムホワイトのそれぞれ3色。「AH42/B2」はシャイニーブラック、ルビーレッド、プレミアムホワイト、シャンパンゴールドの4色。
 「ESPRIMO FH52/B2」は、23.8インチワイドのフルHD液晶ディスプレイや、デザイン性を追求した質感の高いスタンドを採用した、省スペース設計の液晶一体型PC。高輝度液晶と上下左右の狭額縁化によって、画面に表示される写真や動画が浮かんでいるような効果を演出する。税別の実勢価格は16万円強。
 なお、全国の家電量販店では、5月18日から、料金一括前払い方式の「POSAカード」で、月額制の個人向けサービス「My Cloud」の店頭販売を開始した。

関連記事(外部サイト)