Android One初のFeliCa対応スマホ、電池持ち4日間の「X1」

Android One初のFeliCa対応スマホ、電池持ち4日間の「X1」

X1

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は、「ワイモバイル」の新モデルとして、シャープ製のAndroid Oneスマートフォン「X1(エックスワン)」を6月30日に発売する。カラーは、ダークパープル、ホワイト、ミントグリーンの3色。
 約5.3インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載し、Android Oneシリーズでは初めて「FeliCa」に対応。スマホをかざして決済できるデジタルウォレット「Android Pay」を利用できる。
 メインカメラは約1640万画素、広角レンズを採用したサブカメラは約800万画素。充電端子にはUSB Type-Cを採用し、大容量バッテリと省エネ技術を組み合わせ、4日間を超える電池持ちを実現した。お風呂でも使える防水(IPX5/IPX8)に加え、防塵(IP6X)、指紋認証、クリアな音声で通話できる「VoLTE(HD+)」に対応するなど、充実した機能を備える。
 Android Oneは、最新バージョンのAndroidを常に利用でき、発売から最低2年間、毎月、セキュリティアップデートが提供される。さらに「X1」は、購入した日から、日本語版が正式リリースされたばかりのAIアシスタント「Google アシスタント」を利用できる。
 店頭購入者には、活用法や設定方法などがわかる2冊のガイドブック「Google サービスの便利な使い方ガイド」「Android One X1 活用ガイド」をプレゼントする。
 「Google アシスタント」は、「Ok Google」と話しかけるか、ホームボタンを長押しするだけで会話を始めることができ、AIと会話しながらタスク管理やスケジュール決め、情報検索などができる機能。対応OSはAndroid 7.0/6.0。

関連記事(外部サイト)