早朝8時から行列、Nintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」発売

早朝8時から行列、Nintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」発売

秋葉原UDX前にできた「ビックカメラ AKIBA」の抽選販売に並ぶ列

 7月21日朝8時、東京・秋葉原の家電量販店には「Nintendo Switch」の「スプラトゥーン2セット」を買い求めるゲームファンの行列ができた。
 6月22日にグランドオープンした「ビックカメラ AKIBA」では、「Nintendo Switch スプラトゥーン2 セット」の抽選販売を実施。8時頃にはすでに抽選参加希望者が50人ほど並んでいた。
 また、ヨドバシカメラの「マルチメディアAkiba」では「スプラトゥーン2」のソフト単体や関連グッズを販売。本体は予約受け取りのみで、販売はせず、次回入荷も未定だという。
 任天堂は6月22日に「7月、8月に出荷量を増やす。年末に向け、秋以降には生産体制もさらに強化する」と発表した。しかし、発売から4か月経った「Nintendo Switch本体」は、いまだ品薄状態が続いている。
 「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」は、特別なスプラトゥーン2柄の化粧箱に、Nintendo Switch本体と、パッケージ版「スプラトゥーン2(Splatoon2)」、特典のオリジナルステッカーが入ったセット。税別価格は3万5960円。

関連記事(外部サイト)