セーフィー、クラウド録画が可能なデュアルバンド無線LAN対応ネットワークカメラ

セーフィー、クラウド録画が可能なデュアルバンド無線LAN対応ネットワークカメラ

Safie対応CC-2

 セーフィーは7月24日、映像や音声をいつでもどこでも確認できる、エルモと共同開発したクラウド録画カメラ「Safie対応CC-2」を、オンラインショップのSafieオンラインストアで発売した。
 2.4GHz帯だけでなく、電波干渉の少ない5GHz帯も利用できるデュアルバンド無線LANの「Safie(セーフィー)」対応ネットワークカメラ。安定した接続での常時撮影が可能で、有線LAN接続・PoE(Power over Ethernet)給電対応モデルも用意する。また、ソニー製の超高感度CMOSセンサを搭載し、暗闇でもくっきりと撮影できる。
 「Safie」は、簡単に設置可能なカメラを活用した、セーフィーが運営するクラウド映像プラットフォーム。HD画質、30fpsでクラウドに映像を保管し、アプリで簡単にカメラの管理、映像視聴ができる。サービス提供開始から約3年で、監視カメラや倉庫のオペレーション業務管理、病院やチェーン店舗のライブ配信システムなど多様な用途で、あわせて5000台以上のカメラで利用されている実績をもつ。
 オンラインバンクレベルの高度なセキュリティを安価に利用可能で、独自技術によってテレビ並みの高品質な画質・音質を実現した。クラウド環境なので、さまざまな場所・利用環境からの同時監視やオペレーションに対応しており、他事業者・他サービスとのAPI連携も容易だ。
 アカウントを作成し、カメラと月額プランを選んで購入する。本体の税別価格は、無線LANのみ対応の「CC-2」が1万9800円、無線LAN/有線LAN両対応の「CC-2L」が2万4800円。
 「Safie」の料金プランは3種類で、7日間録画可能プランが月額1200円、30日間録画可能プランが月額2000円、90日間録画可能プランが月額3000円。ネット特別価格として、本体価格から、7日間録画可能プランを契約した場合は2400円、30日間録画可能プランを契約した場合は4000円、90日間録画可能プランを契約した場合は6000円割り引く。

関連記事(外部サイト)