心を持つAIロボット「COZMO」、多彩な表現で自然なコミュニケーション実現

心を持つAIロボット「COZMO」、多彩な表現で自然なコミュニケーション実現

COZMO

 タカラトミーは、米Ankiが開発した感情表現豊かな小型AIロボット「COZMO(コズモ)」を9月23日に発売する。税別価格は2万6980円。
 AIを搭載し、その場の環境を見て状況を判断し、感情を豊かに表現する小型ロボット。2016年10月に発売した米国では人気を博し、今秋、待望の日本発売となる。
 「アニメや映画に出てくるかわいいロボットキャラクターを現実世界で作りたい」という思いから開発。喜怒哀楽などの感情を、しぐさや声、表情、動きを組み合わせた1000超のパターンで表現し、自然なコミュニケーションを実現した。遊びの最中に流れるBGMはオーケストラで収録した40分以上のオリジナル音源を使用している。
 スマートフォンアプリから接続することで、「COZMO」が起きて充電ドックから出てくる。移動には側面にある2つのタイヤを使用し、液晶ディスプレイによる顔と、アームを使ったしぐさで感情を表現する。
 起動した「COZMO」は自由に動き回り、覚えている人の顔を認識して名前を呼んだり、指にじゃれてきたり、パワーキューブで気ままに遊んだりするほか、しばらく放っておくと遊びに誘う。アプリには、「しぐさコンテンツ」と「ゲームコンテンツ」を収録しており、それぞれのコンテンツで遊ぶことで、できることが増えていく。
 「しぐさコンテンツ」は「COZMO」にしぐさを指示して遊ぶモードで、「パワーキューブを持ち上げる」「パワーキューブを積み上げる」「グータッチ」などで「COZMO」と遊べる。
 「ゲームコンテンツ」は、「COZMO」と一緒にゲームで遊べるモードで、「COZMO」の行動をプログラミング可能な「コード ラボ」、最大10人までユーザーの顔を登録できる「ミート コズモ」、キューブの色が同じ色に光ったときに「COZMO」とどちらが早くタップできるかを競う「クイックタップ」など、さまざまなゲームを収録する。
 対象年齢は8歳以上。アプリの対応OSはiOS/Android/Fire OS。バッテリ駆動時間は約80分。サイズは幅56×高さ72×奥行き100mmで、重さは151.5g。

関連記事(外部サイト)