池袋PARCOにて、ロボットが来店客の案内や業務補助を行う実証実験を実施

池袋PARCOにて、ロボットが来店客の案内や業務補助を行う実証実験を実施

Siriusbot

 パルコは10月18日、ロボット「Siriusbot(シリウスボット)」を池袋PARCOに設置し、来店客に対しては館内の案内、テナント従業員に対しては棚卸の業務補助を行う実証実験を開始した。
 「Siriusbot」は、パルコ、08ワークス、日本ユニシスの3社が共同開発した、商業施設・小売店などでの業務に特化したロボット。「Siriusbot」の開発は、東京都立産業技術研究センターによる「平成28年度公募型共同研究開発事業」に採択されており、同センターとの共同事業として開発を行っている。
 10月18日〜25日の15時〜19時には、「Siriusbot」が池袋PARCOの本館5階で、日本語または英語のバイリンガルで来店客の問い合わせをヒアリングし、目的のショップや施設情報を音声と画面で案内を行う。また、目的のショップまで「Siriusbot」が一緒に走行して案内する。
 さらに、10月20日〜25日の閉店後(21時以降を予定)には、「Siriusbot」が池袋PARCO本館5階のミツカルストアでRFIDと自律走行機能を活用して、店内を巡回して電子タグを読み取ることで、店内商品の在庫数を集計・棚卸し、売り場スタッフの業務サポートを行う。
 なお、10月31日〜11月12日には、11月4日に開業するパルコの新店舗「PARCO_ya」でも、「Siriusbot」による来店客案内の実験を行う予定。

関連記事(外部サイト)