ソニーが史上最高画質を実現した4K HDR対応『ブラビア Z9Dシリーズ』を発売

ソニーが史上最高画質を実現した4K HDR対応『ブラビア Z9Dシリーズ』を発売

@DIME アットダイム

ソニーは独自開発のバックライト技術Backlight Master Driveや、さまざまな映像をHDR相当にアップコンバートできる「HDRリマスター」など最新の画質技術を持つ4K高画質プロセッサーX1 Extremeを搭載した、4K HDR信号対応テレビ ブラビア『Z9Dシリーズ』を発売する。

今回、発売されるのは『KJ-100Z9D』 (100V型)、『KJ-75Z9D』 (75V型)、『KJ-65Z9D』 (65V型)の3モデル。同社ではこのシリーズを、長年培ってきた高画質技術を結集した“ソニーのテレビ史上最高画質”のフラッグシップモデルとして、その価値を訴求していく。


4K液晶テレビ ブラビア『KJ-65Z9D』(65V型)イメージ

■ソニーのテレビ史上最高画質≠実現する独自の新技術

・新開発ソニー独自のBacklight Master Driveの搭載
パネル背面に高密度に敷き詰めたLEDが、一つ一つ独立して駆動し、細かい範囲での明暗を表現することで、高コントラスト、高輝度を実現。これにより、鮮烈な光の輝きや引き締まった深い黒を緻密に表現する。また、独自の光学設計により、個々のLED光が隣接部分へ拡散することを防ぎ、より細かい範囲での明暗のコントロールと高輝度化を可能にしている。

 
複数のLEDをブロック単位で駆動する従来の直下型LED部分駆動(イメージ)

 
すべてのLEDを単独でコントロールするBacklight Master Drive(イメージ)

・新開発4K高画質プロセッサーX1 Extremeの搭載
4K高画質プロセッサーX1に対し、従来比約1.4倍の処理速度を持ち、より優れたリアルタイム画像処理を実現。あらゆるコンテンツをまるで本物を見ているようなリアルな画質として描き出す。

その主な機能として、地上デジタル放送、インターネットコンテンツなど、さまざまなSDR映像をHDR映像相当にアップコンバートするHDRリマスターを搭載。それぞれのシーンの物体をオブジェクトごとに認識し、色やコントラストを補正。個々の物体の光沢感や質感を再現し、高精細で色彩豊かな、立体感のある映像を再現する。

 
HDRリマスターなし(イメージ)

 
HDRリマスターの効果(イメージ)

そしてソニーが培ってきた超解像データベースに加え、新たにノイズ低減処理専用のデータベースを採用。精細感を出す超解像処理と、ノイズ低減を高度に最適化してリアルタイムに処理することで、より低ノイズかつ高精細を両立した、映像表現が可能になった。

 
デュアルデータ分析なし(イメージ)

 
デュアルデータ分析の効果(イメージ)

滑らかなグラデーション表現を可能にするSuper Bit Mapping 4K HDRも装備。8ビット(SDR映像)や10ビット(HDR映像)の入力信号に対して、階調が14ビット相当の補完処理が施されるため、滑らかなグラデーションの表現が可能になった。例えば、夕日の明るい部分と暗い部分の色のグラデーションがより自然になり、高品位な映像を楽しめる。

 
Super Bit Mapping 4K HDRなし(イメージ)

 
Super Bit Mapping 4K HDRの効果(イメージ)

・つややかな光の輝きを再現する高コントラスト技術X-tended Dynamic Range PROを搭載
ソニー独自のアルゴリズムに基づき、映像の暗い部分のLEDを消灯させ電流をおさえることで、明るい部分に電流を集中させ輝度をより向上させる。これにより高いコントラスト表現が可能になり、つややかな光の輝きを再現する。さらに、同サイズの従来機種と同等レベルの消費電力を実現している。

・豊かな色彩を再現する広色域技術トリルミナスディスプレイを採用
色の再現領域を大幅に拡大し、色鮮やかな映像を映し出す。これにより、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感など、光の三原色である赤、緑、青をより深くし、中間色も自然かつ色彩豊かに再現する。

・あらゆる映像を高精細な4K画質に描く4K X-Reality PROを搭載
ソニーが培ってきたデータベース型超解像技術を元に、地上デジタル放送、インターネットコンテンツなど、あらゆるコンテンツを4K解像度にアップコンバートする超解像エンジン4K X-Reality PROを搭載。フルHD以下の映像を4K解像度へアップコンバートする際、ノイズを低減しつつ精細感を維持することで、地上デジタル放送なども高精細でよりリアルな表現と映像美を実現する。

■さらに進化したテレビの視聴スタイル

・より使いやすくなったユーザーインターフェース「番組チェック」
番組の視聴中やアプリを利用している時でも、次に見たいコンテンツを選べる「番組チェック」がさらに進化。好みのキーワード登録に加えて、新たにニュースやスポーツ、ドラマなど、一般的なジャンルカテゴリーの登録が可能となり、関連するコンテンツが自動で表示されるので、見たい番組やコンテンツをすぐに選択できる。また、現在放送中の番組と次の番組を一括で表示するユーザーインターフェースに刷新。今まで以上に、見たいコンテンツにすぐアクセスできるようになった。

・新しい体験を提供する豊富なアプリケーション
Android TVTM機能では続々と新しいアプリが登場しており、今後もますます増えていく予定。例えば、スポーツをライブとオンデマンドで楽しめる「DAZN」、今夏の全国高校野球選手権大会本大会の映像や過去の名勝負を観戦できる「オンデマンド高校野球」、家族の予定を共有できる「ジョルテカレンダーfor BRAVIA」、など新しいアプリがすでに登場している。今後は「AbemaTV」などのアプリも対応予定。ブラビアのホーム画面の「おすすめアプリ」や、アプリ「Sony Select」がテレビならではのアプリを次々と紹介してくれるので、自ら探す必要もない。

■インテリアと調和する美しいデザイン・佇まい

・迫力の4K HDR映像に没入できる洗練されたデザイン
迫力の4K HDR映像への没入感を高めるため、画面とフレームの段差を極限まで削ぎ落とし、フレーム側面に入るスリットにはペールゴールドを採用することでフラッグシップモデルにふさわしい高級感のあるたたずまいを実現している。さらに、背面カバーがネジ穴や端子をすべて隠し、格子状のデザインが背面カバーの存在を気づかせないような佇まいを実現。正面視からケーブル類が目立たないため、映像へ没入することが可能となっている。

 

・すっきりしたケーブル収納
テレビ本体の背面構造と配線を工夫したことにより、ケーブルを背面にすっきり収納。洗練された佇まいを実現。どのアングルから見ても美しいデザインで、部屋のインテリアと調和し、設置場所の選択肢が広がるほか、テレビ周りの清掃も容易。

 

『KJ-100Z9D』 (100V型)の外形寸法は幅2258×高さ1393×奥行き504mm、144.8kg(標準スタンド含む設置時)。対応する4K放送・4K配信対応はスカパー!プレミアムサービス、「ひかりTV 4K」ビデオオンデマンド配信、4Kアクトビラ、Netflix、dTV、YouTube。受注生産でメーカー希望小売価格は700万円(税別)。11月下旬以降全国の販売店にて受注開始予定。

『KJ-75Z9D』 (75V型)は幅1684×高さ1047×奥行き278mm、45.1kg(標準スタンド含む設置時)。オープン価格(税別市場推定価格は約100万円)。『KJ-65Z9D』 (65V型)は幅1462×高さ920×奥行き268mm、35.71kg(標準スタンド含む設置時)。オープン価格(税別市場推定価格は約70万円)。発売日は10月29日。

製品情報

http://www.sony.jp/bravia/

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)