SHUREが高遮音性イヤホン『SE215M+SPECIAL EDITION』を発表

SHUREが高遮音性イヤホン『SE215M+SPECIAL EDITION』を発表

@DIME アットダイム

業務用音響機器の分野でその圧倒的なサウンドと性能に対する高い信頼性から、世界中の音楽家や音楽愛好家に選ばれ、90年以上の実績を持つShure Inc.。その日本法人であるシュア・ジャパンから、モバイル・コミュニケーション・パフォーマンスを提供する『SE215m+Special Edition』高遮音性イヤホン(型番:SE215m+SPE-A)が発表された。価格はオープンプライスで、2016年9月末の発売予定。色はホワイト。

Apple iOS機器を使用する音楽愛好家向けにデザインされた『SE215m+Special Edition』は、着脱式で交換可能なリモート+マイクケーブルを標準装備。なめらかな3ボタンコミュニケーションポッドによってミュージックプレーヤーの再生、音量、電話の発信・着信を便利にコントロールできるほか、ボイス・コントロール・アプリ用のマイクも搭載している。強化されたケーブルにはワイヤーフォームフィット機能も追加し、他に類を見ない通信技術、耐久性、音質、装着感の組み合わせを実現する。

Shureの伝説的な高遮音性イヤホンラインアップをベースとする『SE215m+Special Edition』は、本来はプロミュージシャン向けに開発されたテクノロジーを採用することにより、優れた音質、品質、耐久性を手頃な価格で実現したモデル。周囲の騒音を最大37dB遮断する快適な高遮音性イヤパッドにより、色付けのない自然なサウンド再生で音楽に集中して楽しめる。

 

『SE215m+Special Edition』は、『SE215』と同様のシングルダイナミック型MicroDriverを搭載し、現行のSE215 Special Editionと同じチューニングが施され、強化された低域を備えたディテールサウンドを再現する。ホワイトカラーのイヤホンボディにグレーのShureロゴが入ったスタイリッシュなデザインにも注目だ。

主なスペックとして、ドライバータイプはシングルダイナミック型MicroDriver、再生周波数帯域は21Hz〜17.5kHz。ノイズアッテネーションは37 dB(最大)。入力コネクターは金メッキ3.5mm(ステレオミニプラグ)、ケーブルは着脱式127cm(ブラック)、ワイヤーフォームフィット機能、リモート+マイク付き。

Shure Inc.のシニア・プロダクト・マネージャー、Sean Sullivan(ショーン・サリバン)は、今回の発表に際して次のようにコメントしている。
「今日のモバイル社会において、モバイル通信機能はユーザーの間で切望されている機能です。『SE215m+ Special Edition』は、業界で最も定評があるイヤホンの1つに新たなデザインの3ボタンリモート+マイクケーブルの便利な機能を追加しながら、手頃な市場価格を維持しています。

『SE215m+Special Edition』は音楽愛好家だけでなく、優れた音質で通話や移動、トレーニングをシームレスに楽しみたい人なら誰にでもおすすめです。この製品は、品質、耐久性、性能で知られるプレミアムブランドであるShure製品を初めて購入される方に最適であるとともに、ハイエンド・ポータブル・オーディオの世界ですでになじみがあるユーザーに対するShureの本質的なブランド価値を強化するものです」

関連情報

https://www.shure.co.jp/ja/products/earphones/se215mpspe

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)