ニコンがスマホに写真を自動転送できるデジタル一眼レフカメラ『ニコンD3400』を発売

ニコンがスマホに写真を自動転送できるデジタル一眼レフカメラ『ニコンD3400』を発売

@DIME アットダイム

ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル『ニコンD3400』を9月16日より発売する。価格はオープンプライス。

 

その特徴としては、「SnapBridge」アプリとBLE(Bluetooth low energy)テクノロジーにより、カメラとスマートデバイスの接続に対応。撮影した写真のスマートデバイスへの自動転送や、ニコンの写真共有サービス「NIKON IMAGE SPACE」への自動アップロード、著作権情報などの付記、スマートデバイスとの日時・位置情報の自動同期など、さまざまな機能が使用可能になる。

前機種『D3300』の常用感度域からさらに拡張し、ISO 100からISO 25600まで対応。画像処理エンジン「EXPEED 4」と連携し、薄暗い室内や夜景などの暗いシーンでも、ノイズを抑えた高精細な写真を撮影できる。また、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様により、「NIKKOR」レンズの高い解像力を最大限に活かした撮影を楽しめる。

撮影機能としては、初めてでも簡単にきれいな写真が撮れる「ガイドモード」を搭載。液晶モニターに表示されるガイドに従って操作するだけで、デジタル一眼レフカメラならではのきれいな写真が簡単に撮影できる。写真の加工も解説付きで、容易に行なえるようになった。

そして外出先でも電池残量を気にせずたくさん撮影できる、低消費電力設計と長寿命バッテリーを搭載。1回の充電で約1200コマの撮影に対応するため、電池残量を気にせず撮影に集中できる。また、スマートデバイスとの接続による電力消費量の増加も、『D3400』のゆとりある電池寿命で十分にカバーできる。

主な仕様として、有効画素数は2416万画素、撮像素子は23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー、ニコンDXフォーマット。画像モニターは3型TFT液晶、約92万ドット(VGA)、視野角170°、視野率約100%、明るさ調整可能。本体寸法は約幅124×高さ98×奥行き75.5mm、約445g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)。

なお、『D3400』とレンズを組み合わせた『D3400 18-55 VRレンズキット』(AF-P DX NIKKOR 18?55mm f/3.5?5.6G VR 付き)、『D3400 ダブルズームキット』(AF-P DX NIKKOR 18?55mm f/3.5?5.6G VR、AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 付き)も同時発売される。

製品情報

http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d3400/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)