【大人の自由工作】アンダー2万円で完成するバックロード入門機の決定版BearHornの『TBW-1000SPD』

【大人の自由工作】アンダー2万円で完成するバックロード入門機の決定版BearHornの『TBW-1000SPD』

@DIME アットダイム

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

前回は16cmフルレンジを使った高さ90cmの本格派バックロードホーン『BW-166』を作成した。キットの難易度は高くないのだが完成後が問題。大きさと重さを考えるとおいそれとは注文できない。そこで今回はグッと敷居を下げて、片手で持てる重さ、幅14×高さ66.2×奥行き20cm、実測約4.6kg(ユニット込み)のトールボーイ型バックロードホーンキット『TBW-1000SPD』を組み立てる。その特徴はフロントバッフルと天板にシナ合板を採用。サイドと座板は木目調仕上げなので組み立て後は塗装不要。さらにキットに必要な10cmフルレンジスピーカーユニットが付属して1万9900円(税込)の超ハイコスパなのだ。スリムなので置き場所を選ばず薄型大画面TV用スピーカーにも使える。音道は約1.8mもあるのでバスレフとは違った開放的なバックロードの低音が楽しめるはずだ。

■Concept

BearHornのウリはダボ構造を採用することで部材点数を減らすと同時に工作精度を上げて、誰でもカンタンに完成度の高いエンクロージャーができること。このキットは1本12枚×2の合計24枚の板材で構成されており、その板のカット誤差は0.02mm以下に収められている。組み立て時間の目安は3時間、乾燥も含めて休日が1日あれば完成できる。付属するユニットはFOSTX製でStereo誌の付録として特別に設計された『model P1000』である。スピーカー取り付け穴はφ94mmで手持ちのユニットを使うのであれば、ユニットレスの『TBW-1000SP』1万7000円(税込)も用意されている。

■Construction

組み立てに必要なのは、どのキットでもそんなに変わりはなく、木工用ボンド、ウエス(雑巾、ボロ布)、重石、プラスチックハンマー、ハタガネとなる。まあ、ハタガネとプラスチックハンマーはなくてもよいが重石は必ず用意しよう。ユニットの取り付けにはマイナスドライバーが必要になる。

これが組み立てに必要な板材。これらの部材を組み立てた後に座板をネジ止めすると完成する


まず、説明書に従って接着材を使わずに部材を仮組してみる。これでどの部分に接着材を塗ればいいのかを確認。さらにハタガネがあるなら、どこで使うかを決める

このキットで悩む部分があるとすれば3番と4番の部材を貼る位置である。これは内部の音道を形成する部材で目印が付いているのでそこに合わせて貼る

こうして外側の部材から接着していく。正面、背面、底板、天板を接着する

もしハタガネがあれば接合部がズレないように固定できる。ハタガネがない時はマスキングテープで固定しよう

次に内部の音道を形成する部材を接着する。接着剤を塗ったら、側板の上に重石を載せて片側だけを接着乾燥させる

このように側板を載せて、さらに漬け物用重石8.5kgを2個、合計17kgを載せた

片面が乾燥したら、いよいよ手前の側板を接着する。その前にスピーカーケーブルを配線して抜けないように固定。吸音材も貼っておく

さらに鉛のオモリ12kgを追加して2本のエンクロージャーをまとめて接着する。圧着する時間は室温にもよるが90分ぐらい。側板がズレないようにマスキングテープを貼ることが推奨されている

スピーカー端子とスピーカーケーブルも付属する。ハンダ付け不要で、内側にウレタンが貼られているので隙間なく固定できる

ユニット側は音道にあいた穴を塞ぐためのシールも付属する

今回、比較試聴のため『TBW-1000D』も制作している。こちらは全ての部材にMDFが使われている

塗装不要なのだが、フロントと天板をウレタンニスで仕上げると光沢がでて高級感がアップする。ハケで塗るだけなのでカンタンだ

組み立てが完了したら、ニスを塗る部分を180番のペーパーを縦方向にかける。手で触ってザラザラしなくなれば準備完了だ

木目調部分にニスを塗らないようにマスキングテープを貼る

ニスは厚塗りせずに薄く数回に渡って乾燥してから、重ね塗りする。私の場合は3回塗って満足できる仕上がりになった

こちらが付属の10cmフルレンジユニットFOSTX『model P1000』。ハンダ付け不要で取り付けられるので、のちのちユニット交換でグレードアップすることも可能だ

座板はボルトで固定するだけで接着は不要である

完成した『TBW-1000SPD』。キットとは思えない完成度。特に板と板の間に隙間がなく、段差なしのツライチに仕上がるのが気持ちいい

フロントバッフルにウレタンニスを3回塗った『TBW-1000D』。座板は木目調仕上げとなる。価格は1万4900円とさらにハイコスパである。自分で塗装する予定なら、こちらがオススメだ

■研究結果

BearHorn『TBW-1000SPD』は、ビギナーにも作りやすいバックロードホーンのキットで、無塗装でもキットには見えない完成度と量感のある低音を聴かせてくれる。同じユニットを使ったFOSTX『P1000-BH』と比較してみよう。本機は『model P1000』用に作られたバックロードホーンのエンクロージャーでサイズは幅14.5×高さ34.3×奥行き21.6mm、2.9kg。完成品でユニット別売、1台7000円×2で1万4000円。内部配線済み、吸音材も貼り込み済みで、ユニットを結線してフロントバッフルにネジ止めするだけで完成するお手軽バージョン。ユニットなしのBearHorn『TBW-1000』1万2000円とほぼ同じ価格帯だ。

FOSTX『P1000-BH』はクッキリした音で音像定位がシャープ。高域はヌケがよく解像度が高い。これに対して低域の量感は不足気味で全体的にはこぢんまりとまとまりやすい。BearHorn『TBW-1000SPD』は、大容量のメリットを生かした量感ある低音が魅力。バランスは中低域よりで、組み上げたばかりでユニットも新品ということもあって音色は硬質だ。ボーカルの音像定位は『P1000-BH』よりもシャープだが、解像度では負けている。低域は量感があって、左右の広がり感もあり、スピーカーの外側まで音が広がる。初めて聴いた人なら10cmフルレンジでこんな低音が出せるのかと驚くに違いない。初めて作るバックロードホーンキットとしてオススメ。スーパーツイーターを追加することで手軽に音質向上がはかれる。

●ダボ構造のキットはビギナーでも作りやすい
●トールボーイは低音再生に有利
●フルレンジ1発は音場感が非常にいい
●自分で作ったスピーカーはいい音に聞こえる!?

T研究員の建築中リスニングルームに持ち込んで試聴。24畳の部屋でも満足できる大音量再生ができた。T研究員の感想は「このキット安すぎじゃないの!」

文/ゴン川野

オーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

関連記事(外部サイト)