【PC Audio Lab】スーパーツイーターとコンデンサーが奏でる極上の音色の作り方

【PC Audio Lab】スーパーツイーターとコンデンサーが奏でる極上の音色の作り方

@DIME アットダイム

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

フルレンジ一発のシンプルなスピーカーは音像定位がシャープで音場感にも優れている。ここにスーパーツイーターを足すと中高域の音色向上が狙える。それにはどんなスーパーツイーターがいいのだろうか? 価格は、方式は、またコンデンサーのブランドと容量で音が変わるかを実験した。

■フルレンジにスーパーツイーターを追加しよう

通常の2Way方式以上のスピーカーには、ネットワークが使われている。その内容は低音専用ユニットのウーハーに低音信号を流すためのローパスフィルター、高音専用ユニットのツイーターには高音信号を流すためのハイパスフィルターを入れて、さらにウーハーとツイーターの能率を揃えるための抵抗などが加えられている。ネットワークによってスピーカーの音質は大きく変わるため音作りの重要な要素であると同時に、音質を劣化させる必要悪とも言われている。これを嫌ってユニットの数だけアンプを用意して専用アンプとチャンネルディバイダーを使ったマルチアンプ駆動こそが理想という人もいる。音源がデジタル化されるとDSPを使って、ほとんど音質劣化なしで超細かい設定までできるようになった。また大きくて思いパワーアンプもクラスD構成を採用すれば小型化が可能。ハイレゾ時代のマルチシステムの可能性が見えてきた。その一方では、シンプルイズベストに従い、フルレンジスピーカーはネットワークレスでそのまま接続、超高域再生用のスーパーツイーターをローをカットするためのコンデンサー1個で接続するという方法もある。

■スーパーツイーターを2種類用意!

今回、実験するのは後者のスーパーツイーター+コンデンサー1個の組み合わせだ。スピーカーには10cmフルレンジ一発のバックロードホーンBearHorn『TBW-10000SPD』を使用する。スーパーツイーターはコスパ重視でボイスコイル径2inch(50mm)のコンプレッションドライバーPYRAMID『TW47』7542円×2を第一候補にした。能率106dB、再生周波数帯域2000〜25kHzである。フルレンジFOSTX『P1000』の高域の帯域限界は16kHzで、能率は88dBとなる。

さらに興味のあったハイルドライバーを使ったDayton Audio『AMT3-4』1万2190円×2も試聴する。再生周波数帯域1900〜18kHz、能率93dB、4Ωである。ハイルドライバーはリボン型よりも優れたツイーターとして注目されている方式で、アコーディオンのように折りたたんだプリーツと呼ばれる振動板が空気を圧縮、放射させて音を出す。リボン型よりクセのない音でハイスピードだという。本機はESS社の技術協力を得て、振動板にカプトンを採用して完成。ハイエンド製品にしか使われない高価なハイルドライバーに、ハイコスパ版が登場したのだ。2種類のスーパーツイーターは「横浜ベイサイドネット」に取材協力をいただき借用した。

■コンデンサーの容量をどうするか?

一般的な考え方でいくと、フルレンジの周波数帯域と被らないようにクロスオーバー周波数を決めて、フィルタースロープを6dBにするか12dBにするかを決める。コンデンサー1個なのでフルレンジの高域は自然のロールオフにまかせる。またハイカットフィルターなし、能率を揃えるための抵抗も可変アッテネーターも入れない、インピーダンス補正もなしとする。今回は6dBカットとして「ネットワーク設計プログラム」を使わせてもらいコンデンサーの容量を算出した。まず、クロスを1.6kHzに設定すると、C=1.2μF、1.3kHzだと1.5μFになるので、キリのいいところで1.5μFに決めた。さらに、大人の実験室での試聴結果を参考にして、0.47μFも加えることにした。計算式に当てはめるとクロスは4.2kHzとかなり高めである。

次にコンデンサーのブランドである。アンプやDACの内部部品より、スピーカー直前に入るので部品による音質変化は大きそうな気がする。Webサイトなど評判がよく、滅茶苦茶高額なものは避けて、選んだのが下記のコンデンサーだ。ちなみにU-CONはたまたま自宅で発掘したので加えた。コンデンサーはスピーカー&関連パーツの専門店「コイズミ無線」で購入した。

PARC Audio(日本)『DCP FC001-047』0.47μF 248円
mundorf(ドイツ)『M-CAP/630V』0.47μF 617円
SCR(フランス)『SOLEN 630VDC』0.47μF 439円

PARC Audio(日本)『DCP FC001-150』1.5μF 348円
Jantzen Audio(デンマーク)『Z-Standard Cap-1.5』1.5μF 230円
Pioneer(日本)『U-CON U』2.3μF 不明

2inchのPYRAMID『TW47』はこんな巨大だった。これなら1inchモデルでもよかった。

Dayton Audio『AMT3-4』は能率の関係でFOSTX『P1000-BH』にFOSTX『FF105WK』を組んだバックロードとの組み合わせの方がバランスがよかった。

ツイーターとコンデンサーが決まったところで、いよいよ試聴する。とここでコーヒーブレイクして後編(9月15日公開)に進もう!

文/ゴン川野

オーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

関連記事(外部サイト)