パナソニックが温度の異なる2つの温風を作り出す新ルームエアコン『Eolia』を発売

パナソニックが温度の異なる2つの温風を作り出す新ルームエアコン『Eolia』を発売

@DIME アットダイム

パナソニックは、パナソニック独自の人の「暑い」「寒い」の感覚を見分ける温冷感センサーに加えて、世界初の温度が異なる2つの温風を作る機能を開発。その異なる温風を同時に吹き分けることにより、快適性と省エネ性が向上したルームエアコン『エオリア』WXシリーズ/Xシリーズを2016年10月下旬より順次発売する。

2015年に搭載した温冷感センサーは、人の「暑い」「寒い」の感覚を見分けて個別に快適な温度空間を実現し、高い評価を得た。ただし、複数の人を同時に快適にするためには、これまでの気流システムでは限界があった。今回の新型『エオリア』は、1つの熱交換器で温度の異なる2つの温風を作り出す世界初のダブル温度熱交換器を搭載。その異なる温度の温風を同時に吹き分ける新開発のダブル温度気流システムにより、速くムダなくその人にあった快適な温度空間を作ることが可能になった。

また、従来品比10倍のOHラジカルを生成する「ナノイーX(エックス)」を搭載し、エアコン内部の清潔性や部屋の空気環境の向上を実現。さらに、「人がふれる空気の清潔さや快適な温度にもっとこだわりたい」との意味をもたせ、パナソニックエアコン事業開始から60周年を迎える本製品の愛称に、ギリシャ神話で「風の神」の語源をもつ「エオリア」を採用した。

関連情報

http://panasonic.jp/aircon/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)