カラダを内側から元気にする「酵素」を効率よく摂る方法

カラダを内側から元気にする「酵素」を効率よく摂る方法

@DIME アットダイム

酵素を多く含む食品は、キウイ、バナナ、パパイアなどの果物や、セロリ、キャベツ、ブロッコリーなどの野菜。今、これらを効率よく摂る様々な商品が出ている。

◎サポートグッズ続々登場!食品・食材から摂る

 酵素を持った食材を自宅で手軽においしく作られる製品といえば、低速ジューサー。カッターを高回転させ、食材を刻む従来のジューサーとは異なり、低速でじっくりと搾ることによって、酵素をはじめとする栄養素を壊さず、おいしいジュースとして摂れる。

 またもちもちの食感が話題の酵素玄米は、保温に便利な炊飯器まで登場した。酵素を豊富に含んだ食材をおいしく味わいながら楽しめるのだ。

シャープ『ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A』
オープン価格(実勢価格約3万9000円)

果物などの酵素を上手に摂るにはジューサーが最適。しかし、酵素は意外と壊れやすい。そこで活躍するのが、「低速圧縮絞り」方式のジューサー。食材をゆっくりと押しつぶす。

パナソニック『低速ジューサー ビタミンサーバー MJ-L500』
オープン価格(実勢価格約2万6000円)

スクリューが1分間に45回転しながら搾るジューサー。ビタミンCの酸化酵素の抽出を抑え、ビタミンCの豊富なジュースを作れる。葉菜類や豆類なども搾れる。

ふじ酵素玄米キッチン『酵素玄米Pro2』
6万4800円

炊いた玄米を適温で保温。3日間ほどおいてから食べる酵素玄米用の炊飯器。炊飯器では最高の圧力と酵素玄米専用の「炊飯&熟成機能」を搭載。簡単に本格的な酵素玄米ができる。

 

ふじ酵素玄米キッチン『酵素玄米ご飯(冷凍)』
大1個320円、小1個290円

富士山麓の地下水を使用するなど味にこだわった独自の方法で炊き上げた酵素玄米を1食分ずつ真空冷凍パック。袋ごとお湯で10〜15分程度温めるだけで炊きたてのご飯になる。

◎ドリンク&サプリメントを手軽に飲んで摂る

 酵素がブームであることを最も実感するのが、酵素を取り入れたドリンクやサプリメント商品の多さだ。コンビニやドラッグストアには非常に多くの酵素関連商品が並ぶ。ドリンクやタブレットは、手軽に飲めるので、多忙なビジネスパーソンにも取り入れやすいだろう。しかし、あまりに種類が多いため、自分に適したドリンクやサプリメントを選ぶのも一苦労だ。

 そこで酵素だけでなく、体内で働く栄養もバランスよく配合した人気商品をチョイス。1日1〜2回飲むだけで体内酵素の働きをサポートするだけでなく、体内の栄養素も補給してくれる。

ビオライズ『ビオエンザイムドリンク』
6757円

88種類の天然素材を、水を一切使わない自然抽出発酵法で発酵・熟成したジュースタイプの植物エキス発酵飲料。1日30〜40ml程度を飲む。水や炭酸割もおいしい!

シーボン.『酵素美人』
3024円

パイナップル、パパイア、りんごなど果物類4種のほか野草類33種、や野菜類19種など、合計61種の素材を1年以上発酵させた野草源酵素を配合。飲みやすさも工夫した。

イムノカーサ『鶴見式酵素』
1万638円

前出の鶴見先生監修のサプリメント。大麦、あわ、ひえ、きび、たかきびなど日本古来の穀物から抽出した食物酵素のサプリメント。ともに体内で働く栄養もバランスよくプラスした。

メタボリック『イースト×エンザイム ダイエット』
1512円

よもぎ、生姜など厳選した野草・和漢食品100種以上を遠赤外線効果のある陶製容器に入れ、乳酸菌や酵母菌、麹菌でじっくり発酵。さらに活性型酵素を配合したもの。人気商品!

《噂はホント!?酵素ダイエットにガチでチャレンジ!!》

 数々の女性誌で酵素を有名にしたのは、やはりダイエット効果が認められるという点だろう。そこでストレスから体重が増えているという会社員、末安善浩さんに、人気の酵素サプリメント(1回2錠、1日2回飲用)を2週間試してもらった。

「体重が大きく減るということはありませんが、飲んでから疲れが残らなくなりました。このまま飲み続けてみます!」

[Before]葬儀会社に勤務し、昼夜にかかわらず仕事をするという不摂生な生活スタイルに体重は100kgを超えてしまった。

[After]2週間、酵素のサプリメントを飲用し続けた結果、体重はマイナス2kgに。「体調が良くなったことも驚きです」

◎酵素風呂で肌から全身に摂る

 酵素のパワーには医療機関も注目している。

 東京・豊島区の城田医院では、ヒノキのオガクズを使用した温浴法「酵素温浴」を実施。パウダー状にしたヒノキのオガクズの中に、380種以上の自然の食物などから抽出した酵素を加え、体の外側から酵素の働きを促進する。

 入浴中は、食物に含まれる微生物がヒノキを分解、約60℃の熱を発生して、心地よく毛穴から酵素を浸潤させる。これによって皮膚が活性化。新陳代謝が促進される。男性でも気軽に体験可能だ。

城田医院の酵素風呂『酵素温浴』は完全予約制。入浴時間は、初回は20分(2700円)、それ以降は35分(3780円)。

酵素風呂はヒノキのオガクズに入るため、写真のような全身着ぐるみのような専用のウエアが用意されている。

入浴中は体が宙に浮いているような感覚。入浴後10分ほどで顔中から汗が噴き出してきた。1回の入浴時間は20分〜。

文/編集部

関連記事(外部サイト)