センサーシフト式手ブレ補正機能付き!3640万画素センサーを搭載したフルサイズ一眼レフカメラ『PENTAX K-1』

センサーシフト式手ブレ補正機能付き!3640万画素センサーを搭載したフルサイズ一眼レフカメラ『PENTAX K-1』

@DIME アットダイム

リコーイメージング『PENTAX K-1』
オープン価格(実勢価格約25万円)

センサーシフト式手ブレ補正機能付きの3640万画素センサー搭載のフルサイズ一眼レフカメラ。ライバル機が重さ1.5kg前後に対して本機は約1kgと軽量でしかもハイコスパ。写真の単3電池6本対応の別売バッテリーグリップも用意された。●幅136.5×高さ110×奥行き85.5mm。

●APS-Cサイズレンズにも対応


ファインダーは視野率約100%、倍率約0.7倍と全体が見やすく豊富な情報が表示される。APS-Cサイズレンズ装着時には自動的にクロップ機能が働く仕組みだ。

●液晶モニターがグニグニ動く


3.2型の液晶モニターは上下約44度、左右約35度に動くフレキシブルチルト式を採用。4本のステイに支えられ画面を自由な角度に向けられる。これは便利だ。

●スマートファンクション新搭載


インターフェイスは設定ダイヤルで「ISO」や「HDR」などの割り当て機能を選ぶスマートファンクションを採用。さらに従来の専用ボタンも使える。

●超広角ズームはキレ味が良く歪まない


同時発表の『HD PENTAX-D FA15-30mmF2.8ED SDM WR』にて撮影。レンズもカメラも試作機だが、非常に発色が良くレンズは超広角でも歪みがほとんど出ない。

無理すれば買えるレベルのハイコスパなフルサイズモデル。サイズも巨大ではなく扱いやすい。問題はレンズが少ないことと高価で重いこと。まあこれはフルサイズの宿命なので仕方ない。交換レンズの充実に期待したい。

文/ゴン川野

関連記事(外部サイト)