ソニーがノイズキャンセリング機能や高音質技術を強化したハイレゾウォークマン「A30シリーズ」を発売

ソニーがノイズキャンセリング機能や高音質技術を強化したハイレゾウォークマン「A30シリーズ」を発売

@DIME アットダイム

ソニーは、ノイズキャンセリング機能や高音質技術の強化によってハイレゾ音源をクリアに再生するともに、音楽をスムーズに楽しめる高い操作性も実現したウォークマン「A30シリーズ」4機種を10月29日より発売する。価格はいずれの機種もオープン価格。

ラインアップは、まず好みのヘッドホンを組み合わせて楽しめるヘッドホン非同梱モデル『NW-A35』(16GB)、そしてウォークマン専用ハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホンh.ear in (MDR-NW750N:既発売)を同梱した『NW-A35HN』(16GB)『NW-A36HN』(32GB)『NW-A37HN』(64GB)となっている。

その特徴としては、まずフルデジタルアンプ「S-Master HX」が進化。ヘッドホン出力が従来機約3.5倍の35mW+35mWに向上したほか、再生帯域のノイズが低減され、繊細な音もよりクリアに表現できるようになった。さらに11.2MHzまでのDSD再生(リニアPCM変換)に「Aシリーズ」として初めて対応。ほかにもBluetooth経由で、従来の技術と比べて最大約3倍の情報量を伝送でき、ハイレゾ相当の音質で再生できるLDAC(エルダック)や、手持ちのCDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケールするDSEE HXを装備するなど、多彩な音源を高音質で体感できる。

操作性においては、従来機の前面キー操作が一新され、3.1インチのタッチパネルを採用した上で、サイドキーの操作を組み合わせた。サイドキーには電源、ホールド、走行系操作ボタン(再生/一時停止、曲送り、曲戻しなど)を配置。ポケットやカバンの中でも、画面を見ずに基本的な操作が行なえる。また、音楽再生画面を上下左右にフリックするだけで、再生リストやブックマーク、音質設定など、各種画面に簡単にアクセスが可能だ。

そして語学学習機能にも対応。「再生スピードコントロール」や任意の箇所だけをリピートする「A-Bリピート」、3秒、10秒戻りや5秒送りができる「クイックプレイ」などの操作が可能だ。

本体カラーは深みのある色合いから色鮮やかなものまで、h.earシリーズのヘッドホンやワイヤレスポータブルスピーカーと同じ全5色展開。トレンド感と高級感を兼ね備えたデザインにも注目したい。

最大外形寸法は約幅55.9×高さ97.5×奥行き10.9mm、約98g(充電池含む)。ディスプレイは3.1型(7.8cm)、WVGA(800×480ドット)。BluetoothはBluetooth標準規格 Ver 4.2。デジタルノイズキャンセリング機能対応。充電池持続時間はMP3 128kbps/デジタルノイズキャンセリング機能 ON:約39時間、OFF:約39時間、LDAC(標準) FLAC 96kHz/24bit :約13時間 など。カラーはビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク。

製品情報

http://www.sony.jp/walkman/products/NW-A30_series/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)