キヤノンが高精細EVF内蔵のミラーレスカメラ『EOS M5』と高倍率ズームレンズ『EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM』を発売

キヤノンが高精細EVF内蔵のミラーレスカメラ『EOS M5』と高倍率ズームレンズ『EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM』を発売

@DIME アットダイム

デジタル一眼レフカメラではシェアトップを快走するキヤノン。そんな同社がミラーレスでも注目モデルをリリースすることが発表された。

同社EOS Mシリーズで初となる「デュアルピクセルCMOS AF」の採用により素早く追従性の高いAFを実現したEVF内蔵のミラーレスカメラ『EOS M5』と、小型・軽量設計を実現したミラーレスカメラ専用高倍率ズームレンズ『EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM』を11月下旬からの発売が決定。価格については『EOS M5』がオープン価格、『EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM』は6万8000円(税別)となる。

 

『EOS M5』は、「EOS M3」(2015年3月発売)の上位機種で、幅広いシーンにおいて本格的な静止画・動画撮影を行ないたいユーザー向けに開発されたミラーレスカメラ。ボディーには、上位機種にふさわしい高品位なグラファイト色を採用している。同社ではミラーレスカメラの上位のラインアップを拡充することにより、小型・軽量のレンズ交換式カメラに対する高画質・高性能へのニーズに応えていくとコメントしている。その主な特徴は次のとおり。

■高精度AF技術「デュアルピクセルCMOS AF」をEOS Mシリーズで初採用
ミラーレスカメラで初めて「デュアルピクセルCMOS AF」を採用している。APS-CサイズCMOSセンサーで、有効画素数約2420万画素の全画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねて機能するため、幅広いエリアで素早い合焦と滑らかな追従ができ、AF・AE(自動露出制御)追従で最高約7コマ/秒、AF固定では最高約9コマ/秒の連写性能を実現している。

■高精細EVF(電子ビューファインダー)を内蔵し快適な操作性を実現
快適なファインダー撮影を追求した視野率約100%・約236万ドットの高精細EVFを内蔵している。ファインダー撮影時には、EVFと液晶モニターが連動し、EVFをのぞきながらEVF上に表示されたAF枠を液晶モニターのタッチパネル操作で移動できる「タッチ&ドラッグAF」機能を搭載し、直感的なピント合わせが可能。

■最新の映像エンジンと約2420万画素CMOSセンサー搭載による画質の進化
最新の映像エンジンDIGIC 7とAPS-Cサイズ・有効画素数約2420万画素CMOSセンサーの搭載により、EOS M3と比べて高感度撮影時のノイズ耐性と解像感が向上し、静止画撮影時において常用ISO25600の高感度を実現している。これにより、暗い場所でもノイズを抑え質感や立体感を描写する高画質な撮影が可能。

■広角から望遠まで、1本で幅広くカバーするミラーレス専用高倍率ズームレンズ
ミラーレスカメラEOS M シリーズ用の交換レンズ「EF-M レンズ」初の高倍率ズームレンズ。35mmフィルム換算で29-240mm相当の焦点距離をカバーしている。風景やスナップ写真などにおいて、広角から望遠まで、1本で幅広いシーンの撮影が可能。

また、全長86.5mm、約300gの小型・軽量設計で、最大径は、他のEF-Mレンズと同様60.9mmのコンパクトな形状で、レンズ交換時に統一されたホールド感を確保している。細かい凹凸状の加工が施されたフォーカスリング、ズームリングと金属調の塗装仕上げにより、高品位な外観と優れた操作性を実現している。

 

 

関連情報

http://canon.jp/

文/編集部

関連記事(外部サイト)