人気急上昇!感覚的な操作とファンディング機能で小ロットから作れるレコードのプレスサービス

人気急上昇!感覚的な操作とファンディング機能で小ロットから作れるレコードのプレスサービス

@DIME アットダイム

 アナログレコード人気の波に乗り、レコードのプレスサービスも盛り上がっている。それを身近にしているのは実はデジタル≠フおかげだったりする!? 昨年、アナログレコードの売り上げが前年比49%アップの800万枚となり、大きなニュースとなったことは記憶に新しい。日本でも渋谷に中古と新譜レコードを扱う『HMV record shop』がオープンするなど人気が復活してきている。

 そんな中、新たなサービスが日本発&世界初で立ち上がった。「QRATES」は、最小ロット100枚からアナログレコードが作製できるサイト。「NIKE iDのようなポップさと、使い勝手の良さ、そしてKickstarterのようなクラウドファンディングの機能を組み合わせた」と代表のYong-Bo Baeさんが語るように、アーティストが購入希望者を募り、ロット数が集まればプレスがスタートする。

 これにより、インディーズのアーティストやレーベルにとってリスクが格段に抑えられる。同サイトには表示されていないものの、すでにアメリカやヨーロッパを中心に400〜500件の企画が進行中。それらは各アーティストのSNSなどで募集されている。「いずれは実店舗が買い付けを行なえる仕組みを作り、アナログ流通のハブになりたい」と語るYong-Bo Baeさん。デジタルの力が、アーティストの作品″りを助け、レコードの復活にも一役買っているのだ。

◎感覚的な操作とファンディング機能で100枚から作れる!

「QRATES(クレイツ)」

レコード盤面のカラー、ラベルのデザイン、ジャケットデザインなどを、3Dビジュアライザーを使いセレクトしていく。オーダーは100枚(14万4849円〜)からで、ファンディング機能を使うこともできる。

アーティストは事前に楽曲を試聴できるようにして購入希望者を集めることができる。写真は、第1号となったCarpainterの12インチ。

◎高品質な盤が1枚単位で創れる画期的サービス!

「Wax Alchemy(ワックス アルケミー)」

市販レコードと同等の塩化ビニール盤に、音源データをダイレクトカットしてくれる。盤おこしや、プレゼントにも最適。7インチ4000円、10インチ4500円、12インチ5000円〜。

◎アナログ音源を簡単にデジタル化できる

ION AUDIO(アイオン オーディオ)
『Archive LP』9980円

スピーカー内蔵のオールインワンプレーヤー。USB接続でPCとつなげばデジタル音楽ファイルに変換可能。手軽な価格帯で、一時は生産が追いつかないほどの人気に。

◎製品データや価格などは取材時のものです。

関連記事(外部サイト)