「安全にライオンが撮れます」―一眼レフを遠隔操作する「CASE Remote Air」

「安全にライオンが撮れます」―一眼レフを遠隔操作する「CASE Remote Air」

一眼レフをiPhoneで遠隔操作しているところ

エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラなどを、スマートフォンやタブレットから遠隔操作できるコントローラー「CASE Remote Air」が販売中だ。クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で購入できる。

過去に米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金調達に成功している製品。

ホットシューアダプターでカメラに取りつけると、Wi-Fiでスマートフォンなどとつながり、離れた場所からパラメーターやピントの調節、リモートシャッターなどの操作が可能になる。

コマ撮りで風景の変化などを撮影できるタイムラプス、黒トビや白ツブレを抑えるHDR、被写体の複数の部分にピントが合った写真を合成できるフォーカススタッキングなどの機能も使える。

サイズは60×40×10mm。対応機種の一覧も公開中だ。販売価格は1万5,600円(税込)からとなっているが、すでに一部のセットは売り切れのもよう。

関連記事(外部サイト)