Xperia XZ、ソフトバンクが発売―赤外線で暗くても上手に撮れるカメラ搭載

Xperia XZ、ソフトバンクが発売―赤外線で暗くても上手に撮れるカメラ搭載

Xperia XZのイメージ

ソニーモバイルコミュニケーションズの高性能スマートフォン「Xperia XZ」を、ソフトバンクが11月上旬以降に販売開始すると発表した。

約5.2型フルHD解像度のディスプレイを搭載。カメラは本体前面が1,320万画素、背面が2,300万画素と豪華だ。

「トリプルイメージセンシング」という技術を採用しているのが大きな特徴。被写体の動きを予測してオートフォーカスを合わせられるほか、赤外線を用いて被写体とカメラの距離を把握し、暗い部屋でも素早くピントを合わせる。また赤外線の情報から日光や蛍光灯といった光源を正しく認識し、最適なホワイトバランス調整を行う。

初めて5軸手ブレ補正も採用し、歩きながらでもより鮮明な写真が撮影できるようになった。

これに加えXperiaシリーズではUSB Type-Cを初搭載。急速充電機能Qualcomm Quick Charge 3.0にも対応する。

音響面ではハイレゾ音源の再生と周囲の騒音を感知し、騒音を低減するデジタルノイズキャンセリング機能を利用できる。指紋センサーや防水、防塵(ぼうじん)性能なども備えている。

関連記事(外部サイト)