時代が早すぎた?「モトコンポ」の血をひく幻の電動バイク―ホンダが構想

時代が早すぎた?「モトコンポ」の血をひく幻の電動バイク―ホンダが構想

MOTOR COMPOの画像

フル充電で240kmを走る自転車型の電動バイクや、カバンに入る電気自動車など、小さくとりまわしのよい個人用の乗り物が話題だ。多くは海外発だが、日本でも本田技研工業(ホンダ)がかつてこの分野で魅力的な製品を構想していた。「MOTOR COMPO」だ。

MOTOR COMPOは2011年の東京モーターショーに出展した二輪車のコンセプトモデル。バッテリーを搭載し、モーターで動く。特筆すべきはサイズの小ささで、全長93cm。

外出先では電源を取り外し、モバイルバッテリーとしてさまざまな機器に給電できるなど、「乗り物を超えた新しいツール」のあるべき姿を描いていた。

さらに同時発表となった電動四輪コミューターのコンセプトモデル「MICRO COMMUTER CONCEPT」に積み込んで運ぶこともできた。

ところで名前や形状からすぐ別の製品を連想した人も多いだろう。そう、1981年に発売となったホンダの二輪車「モトコンポ」だ。

全長118.5cm、乾燥重量42kgながら、2.5馬力の2サイクルエンジンを搭載し、燃料やオイル、バッテリーなどの液洩れ防止機構、折りたたみ式ハンドルとステップを備えていた。

また小型四輪車「シティ」のトランクに積み込める「トランクバイク」として、話題をさらった。

モトコンポは1985年に生産終了したあとも、漫画やアニメに登場し、単体でも人気が高まり、街乗りのバイクとして見かけることもあった。

MOTOR COMPOは、そうしたモトコンポの雰囲気を受け継ぎ、見ためにかわいらしく、乗ってとりまわしがよく、楽々と意のままに走れるというモデルだった。

だがホンダにとってはデザインにおける「トライアルの1つ」という位置付けで、2016年時点ではその構想を反映した市販品も、意匠を受け継ぐ新たなコンセプトモデルも出ていない。

時代が早すぎたのか、日本という市場に向かないのか、しかし技術の進歩を背景に海外で電動の小さな乗り物が盛り上がるなかで、いつかまた日の目を見ることもあると期待したい。

関連記事(外部サイト)