薄く軽いタブレットPC「Spectre x2」―HPがつくった新型Surfaceの対抗馬

薄く軽いタブレットPC「Spectre x2」―HPがつくった新型Surfaceの対抗馬

HPのタブレットPC

HPのタブレットPC「Spectre x2」が刷新した。Microsoftの「Surface」の対抗馬として注目を浴びる製品のひとつだ。

米国ではSurfaceの支持はかなり根強く、一定規模の市場を形成しており、さまざまなメーカーが対抗馬を送り込んでいる。新型Surfaceの発表に合わせて、こうした競合製品の動きも活発だ。

Spectre x2は2015年に先代モデルが登場。実績あるHPの製品だけあって知名度は高めだ。このほど刷新し、機能、性能を向上している。画面を電子ペン(スタイラス)で巧みに操作するための規格「Windows Ink Certified」を満たしており、筆圧に応じてさまざまに線幅を変えたり、繊細な陰影をつけたり、微妙な彩色が可能とする。

画面は「Surface Pro 4」と同じ12.3型で、解像度は3K2K(3,000×2,000ドット)。カメラは背面1,300万画素、前面500万画素。「Windows Hello」機能を生かし赤外線による顔認証も可能だ。Bang&Olufsen(バング&オルフセン)ブランドのスピーカー付き。

平らな状態から165度の角度まで動かして画面を立てられるU字型のステンレススチールスタンドを内蔵する。あかがね色の塗装が美しい。

コンピュータ数値制御(CNC)で削り出したアルミ製シャーシを採用。厚さは13.2mm、重さは、付属の磁石着脱式キーボード込みで1.13kg程度としている。

フル充電から最長8時間稼働するバッテリーを内蔵。残量0%から50%まで約30分で回復する急速充電にも対応している。

CPUは第7世代Intel Core i7で、グラフィックスはIris Plus。メモリーは容量16GB。ストレージはSSDで、容量は1TBだ。インターフェイスは2つのUSB Type-Cポートと、1つのmicroSDメモリーカードスロット。

6月からHPの直販サイトで米国向けの取り扱いが始まり、価格は999.99ドル(約11万円相当)からとなる。果たして日本上陸はあるのだろうか。

関連記事(外部サイト)