ピザ専用のジップロック「Pizza Bags」…これまでのジップロックは、ピザには四角すぎた

ジップロックにピザ専用も

ピザ専用のジップロック「Pizza Bags」…これまでのジップロックは、ピザには四角すぎた

ピザ専用のジップロック「Pizza Bags」…これまでのジップロックは、ピザには四角すぎた

ピザ専用のジップロック「Pizza Bags」

前日の夕食の残り物をランチボックスに詰めて翌日オフィスに持って行き、会社でランチとして食べる、という人は多いでしょう。最近は麻婆豆腐やなべ物であっても、汁をこぼさずにオフィスまで持ち運べるランチボックスが存在しています。

でも、前日の夕食がピザだったら?そのピザをオフィスに持って行きたいとしたらどうでしょう?「ランチボックスに詰めれば?」という人もいるかもしれませんが、それではピザのピザらしさを構成する最も重要な要素「尖った先端」が失われてしまうかもしれません。そもそも、ランチボックスに入れるために折り畳まれたピザは、見た目のおいしさが半減してしまいます。

ピザ専用のジップロック「Pizza Bags」は、そんなときにぴったりな商品。「尖った先端」を傷つけることなく(?)、1スライスのピザを会社に運べます。

「Pizza Bags」の最大のメリットは、ピザを乾燥から防げる点。朝まで冷蔵庫に保管されたピザの表面は乾燥して哀しい見た目になりがちですが、「Pizza Bags」に保管しておけば大丈夫。形こそちょっとあれですが、その実態はジップロックなので、ピザを乾燥や冷蔵庫内の嫌な匂いから守ってくれます。

翌日、ランチとして持って行くときには、冷蔵庫をあけて「Pizza Bags」ごとピザを取り出すだけ。“ピザをボックスから取り出して、ランチボックスに入れて…”、といった手間が省けるので、忙しい朝にゆとりの時間を生んでくれます。「ピザって、10回言ってみて」なんて会話を家族と交わしたりも、できますね。

1パッケージに24枚入り。米国の通販サイトThinkGeekで購入できます。価格は2.99ドル。日本への送料が別途15.30ドル必要となります。

さて、世界には“先端を傷つけることなく”ピザを持ち歩きたい人向けのグッズがたくさんあります。例えば、「ピザ専用ポケット」付きシャツ。これは、ハンズフリーでピザを持ち運ぶための工夫。例えばランチを取りながら会議をする場合、片手にノートPC、片手にピザを持つことに。これでは両手が塞がってしまい、会議室のドアを開けられません。そんなとき、「ピザ専用ポケット」付きシャツを着用していれば片手が空くので、ピザを落としたりすることなく、会議室に移動できます。

ただし、ピザをポケットに入れるたびに、シャツがピザのシミだらけになるという欠点も。そんなときにこそ、「Pizza Bags」を使いましょう。これで、「Pizza Bags」のメリットと、「ピザ専用ポケット」のメリットを同時に享受できるようになります。

自作は面倒。買って済ませたいという向きには、首からピザを下げるストラップが付いたジップロック「Portable Pizza Pouch」という商品もあります。こちらもハンズフリーでピザを持ち歩けるというメリットを持っています。

「Portable Pizza Pouch」は「ピザ専用ポケット」付きシャツとは違い、シャツを汚すことはありません。また、突然雨が降ってきた場合でも、両手がフリーなので、安全に傘をさすことができます。これまでは左手でピザを掴み、右手で傘を持って街を歩いていた人にとって、これは素晴らしい商品となるでしょう。基本的なパーツはジップロックなので防水性も高く、雨の中を歩いてもピザが湿気ることがないのも、素敵ポイントです。

「Portable Pizza Pouch」は、米国カリフォルニア州に本拠を置く通販サイトStupidioticが販売しています。残念ながら日本への配送はしないとのこと。でも、「Portabel Pizza Pouch」を扱っている米国通販サイトは比較的多いので、それらから手に入れることができます。

関連記事(外部サイト)