「ハロ」みたい?日本の球体ドローン、宇宙ステーション内を飛ぶ

「ハロ」みたい?日本の球体ドローン、宇宙ステーション内を飛ぶ

JAXAの球体ドローン

人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する球体ロボット「ハロ」みたいだと話題になっているのが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の球体ドローン「Int-Ball」。このほど国際宇宙ステーション(ISS)内で活動し、そのカメラで撮影した映像を公開した。

Int-Ballは2017年6月4日に打ち上げた米国のドラゴン補給船運用11号機によりISSの「きぼう」日本実験棟に到着。初期検証を行っている。

筑波宇宙センター(TKSC)からの遠隔操作によって自由に空間を移動し、写真と動画を撮影できるのが特徴。記録した映像はリアルタイムで地上の管制官や研究者が確認し、宇宙飛行士に情報を伝えられる仕組みだ。

既存のドローン技術を採用し、筐体と内部構造をすべて3Dプリントで製造した。

好きなときに好きな場所に移動し、自由な角度からISS内をとらえられる。従来、宇宙飛行士の作業時間の約10%程度を撮影作業が占めていたが、Int-Ballの活躍で最終的にはゼロに減らしたい考えという。

地上の管制官や研究者は、宇宙飛行士と同じ視点から作業を確認でき、共同作業を効率よく行える。

今後はInt-Ballの性能向上、機能拡張を進める一方、きぼう船内外実験の自動化もめざす。将来、探査ミッションなどに利用可能なロボティクス技術の獲得も目指すとしている。

関連記事(外部サイト)