iiyama PC、RAW現像・写真編集向けデスクトップPC 2モデル

iiyama PC、RAW現像・写真編集向けデスクトップPC 2モデル

画像提供:マイナビニュース

ユニットコムは5月22日、iiyama PCブランドの「SENSE∞」より、Adobe LightroomでのRAW現像や、写真編集向けのデスクトップPCを発売した。スタンダードモデルの価格は税込167,378円から。

同社で検証を行い、CPUとストレージにこだわったという。CPUはスタンダードモデルがIntel Core i5-7600K、上位モデルがIntel Core i7-7700K。ストレージは、OSインストール用に加えて、カタログファイル用なども標準で搭載する。

スタンダードモデル「SENSE-SA8R-i5K-LXW-DevelopRAW」の主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7600K(3.8GHz)、チップセットがIntel Z270、メモリがDDR4-2400 16GB(8GB×2)、ストレージが120GB SATA SSD(OSインストール用) + 240GB SATA SSD(カタログファイル用) + 1TB SATA HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が700W 80PLUS BRONZE、OSがWindows 10 Home 64bit。価格が税込167,378円から。

上位モデル「SENSE-SA8R-i7K-LXZ-DevelopRAW」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700K(4.0GHz)、チップセットがIntel Z270、メモリがDDR4-2400 16GB(8GB×2)、ストレージが250GB NVMe SSD(OSインストール用) + 250GB SATA SSD(カタログファイル用) + 500GB SATA SSD(作業データ用) + 2TB SATA HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が700W 80PLUS BRONZE、OSがWindows 10 Home 64bit。価格が税込226,778円から。

関連記事(外部サイト)