Huawei、狭ベゼル採用の15.6型スリムノートPC「MateBook D」

Huawei、狭ベゼル採用の15.6型スリムノートPC「MateBook D」

画像提供:マイナビニュース

Huaweiは5月23日(ドイツ時間)、ドイツのベルリンで新製品発表会「Huawei Global Product Launch」を開催し、15.6型スリムノートPC「MateBook D」を発表した。ヨーロッパにおいて、2017年夏の発売を予定し、価格は799ユーロから。

6.2oの狭ベゼルを採用し、15.6型ディスプレイ搭載モデルながら、は1サイズ小さい14型クラスのフットプリントを実現する。本体のボディはCNCダイヤモンド仕上げのアルミ合金素材で、厚さ16.9oと薄型に仕上げた。

CPUに第7世代のIntel Coreプロセッサを採用するほか、一部上位モデルにはグラフィックスにNVIDIA GeForce 940MXを搭載し、ドキュメント作成からエンターテイメントまで幅広い用途に対応する。また、スピーカーはDolbyとの共同開発でDolby Atmosをサポートする。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5/i7、メモリが4GB/8GB/16GB、ストレージが128GB/256GB SSDもしくは、500GB/1TB HDD、グラフィックスがIntel HD Grapphics 620もしくは、NVIDIA GeForce 940MX、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)IPS液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN(2x2 MIMO対応)、Bluetooth 4.1。バッテリーの容量は3,800mAh。本体サイズはW358×D239×H16.9o、重量は1.9kg。本体カラーはChampagne Gold、Space grey、Aurora Blue。

2017年夏の発売を予定し、ヨーロッパ向けの価格はIntel Core i5/8GBメモリ/1TB HDD/GeForce 940MXで799ユーロ、Intel Core i5/8GBメモリ/128GB SSD+1TB HDD/GeForce 940MXで899ユーロ、Intel Core i7/8GBメモリ/128GB SSD+1TB HDD/GeForce 940MXで999ユーロ。

なお、HuaweiはMatebookシリーズのラインナップ拡充し、フラグシップとなる13型モバイルノートPC「Matebook X」と、12型2in1タブレット「Matebook E」の投入することも発表。PC市場へ本格参入する姿勢をみせた。

関連記事(外部サイト)