「LIFEBOOK UH75/B1」は単に軽いだけじゃない - 外装、インタフェース、基本性能の絶妙なバランスが魅力

「LIFEBOOK UH75/B1」は単に軽いだけじゃない - 外装、インタフェース、基本性能の絶妙なバランスが魅力

画像提供:マイナビニュース

●軽さと堅牢性の高さを両立
富士通の高性能モバイルPC新製品「LIFEBOOK UH」シリーズは、マグネシウムリチウム合金素材を採用することで、13.3型液晶ディスプレイ搭載ノートPCとして世界最軽量の約761gという重量を実現していることが特徴だ。

バッテリ容量や搭載するCPUの違いにより数種類のモデルがラインアップされているが、今回はそのうち標準バッテリを搭載した「LIFEBOOK UH75/B1」の製品版を試すことができたので、基本性能や実際の使い勝手をチェック。以前掲載された試用版レビューではできなかったベンチマークテストも試してみた。

■試用機の主な仕様  
[製品名] LIFEBOOK UH75/B1  
[CPU] Intel Core i5-7200U(2.40GHz)  
[メモリ] 4GB  
[グラフィックス] Intel HD Graphics 620(CPU内蔵)  
[ストレージ] 128GB SSD  
[光学ドライブ] ―  
[ディスプレイ] 13.3型(1,920×1,080ドット)  
[OS] Windows 10 Home 64bit  
[サイズ/重量] W309×D212.5×H15.5mm/約761g(ピクトブラック)、約764g(サテンレッド)  
[店頭価格] 税込170,000円  

○軽さと堅牢性の高さを両立

「LIFEBOOK UH」シリーズは、量販店の店頭などで購入できる「カタログモデル」と、富士通の直販サイト「WEB MART」でのみ販売される「カスタムメイドモデル」の2種類が用意されている。そのうち「カタログモデル」は容量が倍のロングバッテリを搭載した「UH90/B1」と、標準バッテリの「UH75/B1」の2モデルに分かれている。

「UH75/B1」のカラーバリエーションは、傷や汚れの目立ちにくいテクスチャーコーティングを施した「ピクトブラック」と、美しい赤色が印象的な「サテンレッド」の2色ある。今回試したのはサテンレッドの方だが、ブラックの上に2層のシルバーを重ね、その上にさらに赤色を重ねるという4層の塗装が施されているため、メタリックかつ深みのある色になっているのが印象的だった。

ちなみに、この塗装の違いのため本体質量も微妙に異なり、ピクトブラックが約761g、サテンレッドが約764gとなっている。実際にサテンレッドモデルの評価機を計測してみたところ770gとなり、カタログ値よりも若干重かったが、これは個体差によるものだろう。いずれにしても非常に軽量であることに違いはない。

ここまで軽いと耐久性や耐圧性が心配だが、富士通によれば約200kgfの天板全面加圧試験や約76cmの落下試験をクリアしているとのこと。実際、ディスプレイを閉じた状態だと少々力を加えて捻ったくらいではビクともせず、持ち運ぶ際も安心感があった。

なお、本製品は軽いだけでなく本体が非常に薄いのもポイント。ボディの厚みは15.5mmしかない。しかも天面、底面ともに凹凸のないフラットなデザインになっているため、ブリーフケースなどにも収納しやすいのが嬉しい。

これだけ薄いにもかかわらずインターフェイスは充実しており、本体左側面にHDMI出力端子、USB 3.1 (Gen1) Type-Cコネクタ、USB 3.0 Type-Aコネクタ、マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子が各1基、本体右側面にダイレクト・メモリースロット、USB 3.0 Type-Aコネクタ、LANコネクタが搭載されている。最近の薄型ノートでは省略されることも多い標準サイズのUSBコネクタやLANコネクタが装備されているのは高く評価できる。このほか、液晶パネル上部には有効画素数約92万画素のHD Webカメラも内蔵されている。

もっとも、この薄さを実現するためLANコネクタは少し特殊な形状をしており、本体から端子を引き出してポップアップさせ、そこにLANケーブルを差し込むようになっている。若干手間がかかるのと、力を入れるともげそうなのが少し残念。実際に使ってみたところ見た目ほど華奢ではなかったが、取り扱いには注意した方が良さそうだ。

●見やすい画面と入力しやすいキーボード
LIFEBOOK UH75/B1の液晶サイズは13.3型で、解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)となっている。最近は13インチクラスでもWQHD(2,560×1,440ドット)以上の解像度を備えた製品が登場してきているので特別解像度が高いというわけではないが、作業スペースの広さと画面の精細さのバランスはよい。

液晶はノングレア(非光沢)パネルのため、日中の屋外や明るい室内でも映り込みが少なく、画面の表示が見やすい。原色に近い色もくすんだりせず鮮やかに再現されており、非常に見栄えのする発色だ。階調表現力も高く、空の青いグラデーションや、人肌のグラデーションも滑らかに再現されていた。

表示性能の高さだけでなく、ディスプレイを水平に近い角度まで開くことができるのも評価できるポイント。出先で膝の上に置いて使うときも、画面を見やすい角度に調節できる。しかも、ディスプレイを最大限に開いても本体が後ろに倒れたり、キーボード前面が浮き上がったりせず、安定してキー入力できるのも好印象だ。

キーボードはアイソレーションタイプで、キーピッチは19mm、キーストロークは1.2mmを確保している。ストロークが少し浅いため多少の慣れは必要だが、ノートPCのキーボードとしてはかなりタイプしやすい方だ。富士通によれば、ShiftキーやCtrlキーなどの修飾キーと、Enterキーやスペースキーなどの使用頻度の高いキーは、他のキーに比べて軽めに調整されているという。実際、修飾キーが小指でも押さえやすく、キーコンビネーションなども入力しやすかった。

タッチパッドは独立したクリックボタンが用意されているタイプ。個人的にはジェスチャーを使うことが多いので、パッドの面積が広いクリックボタン一体型の方が好みだが、本機のタッチパッドは反応も良く入力自体はやりやすかった。ただし、上下の入力エリアが狭いため、2本指でスクロールする場合などは若干窮屈な感じがあった。

パームレストの右側には指紋センサーも搭載されている。事前にWindows Helloの設定を行っておけば、指紋認証でサインインできて便利だ。ちなみに、パームレストはシボ加工が施されており、皮脂による汚れがつきにくくなっている。面積も広めで手を置いた時の触り心地も良く、長時間作業する場合でも快適に操作できた。

●第7世代Core i5を搭載、パフォーマンスは?
本機はCPUに第7世代のCore i5-7200U(2.5GHz/最大3.1GHz)、メモリに4GBのDDR4 SDRAM PC4-17000、ストレージにSerial ATA対応の128GB SSDを搭載している。グラフィックスはCPU内蔵のインテルHDグラフィックス620だ。いったい、どのくらいのパフォーマンスがあるのだろうか。そこで、いくつかのベンチマークを実行してみることにした。

○WinSAT.exe

まず、Windows 10のシステム評価ツール「WinSAT.exe」では、次のような結果になった。

※本機のメモリ搭載容量が4GBのため、WinSAT.exeの制限でメモリのスコアは5.9が最大となる

スコアを見るとプロセッサとディスクの性能が高いことがわかる(なお、本機はメモリが4GBなので、メモリのスコアは5.9までに制限されている)。Core i5-7200Uの性能を考えるとグラフィックスのスコアがやや低めなのが少し気になるが、全体的には妥当な結果だ。

○PCMARK 8 HOME ACCELERATED

続いてPCの総合的なパフォーマンスを見るPCMARK 8 HOME ACCELERATEDでは、下図のようになった。

○CINEBENCH R15

PCMARK8の結果を見ても、GPUの性能が反映されやすいCasual Gamingのスコアがやや低め。そこで、「CINEBENCH R15」を試したところ、OpenGLが33.00fps、CPUが323cbとなった。やはり他のCore i5-7200U搭載ノートと比べるとCPU性能は互角だが、グラフィックス周りが多少低めになっている。

○3DMARK

さらにグラフィックスの性能を見るため3DMARKを試してみたところ、次の結果になった。

ミドルレンジPC向けの「SKY DIVER」が3252、「Cloud Gate」が5215となり、やはり他のCore i5-7200U搭載ノートより1割ほど数値が低い傾向にある。この辺りの差が薄さ・軽さとのトレードオフになっていそうだ。

○ドラゴンクエストX ベンチマークソフト

もっとも、若干グラフィックス周りが弱いと言っても、実際の使用で気になるほどではない。軽めのゲームなら問題なく動作する。たとえば、ドラゴンクエストX ベンチマークソフトなら、次のように解像度や品質を欲張らなければ快適にプレイすることが可能だ。

○FINAL FANTASY XIVベンチマーク

同様に「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編」と「FINAL FANTASY XIV: 蒼天のイシュガルド(DirectX 11)」、「FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者」も試してみた。

FINAL FANTASY XIVだと、1280×720の解像度、標準品質でなんとかプレイできるといった感じだ。

○CrystalDiskMark

次に、「CrystalDiskMark」でストレージ性能を計測してみたところ、下図のようになった。SSDがSATAなのでより高速なNVMe対応のものに比べると数値は低いが、シーケンシャルリードが500MB/s前後と十分すぎる性能だ。

○BBench

モバイルノートにとって、バッテリ駆動時間の長さも気になるところ。本機は「2セルバッテリ(25Wh)」を採用しており、JEITA 2.0で最大約8.3時間の駆動が可能とされている。

そこで、電源プランを変えながら、バッテリベンチマークソフト「BBench」を使って実際にどのくらい持つのかを計測してみた(なお、BBenchは「60秒間隔でのWeb巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」に設定し、満充電状態から電源が落ちるまでの時間を計っている)。

公称値の8.3時間には及ばないものの、6時間15分の駆動が可能だった。800gを切る軽さでこれだけ持てば十分だと言えるだろう。なお、本体質量が150gほど増えてしまうが「UH90/B1」及びカスタムメイドモデルでは容量が倍の「4セルバッテリ(50Wh)」を選択できる。これだとカタログ値で約17.0時間の駆動が可能だ。

ちなみに、本機のACアダプターは150gと非常に軽量なタイプで、標準バッテリなら約30分、ロングバッテリなら約50分で約50%までの急速充電が可能。このACアダプターはちょうど標準バッテリとロングバッテリの質量差と同じくらいの重さなので、出先でもAC電源が確保できるなら、標準バッテリを内蔵したモデルを選んで、ACアダプターを一緒に持ち歩くようにした方がよさそうだ。利用シーンに合わせてラインアップから選んでみてほしい。

○ハイレゾ対応など音へのこだわりも魅力

マグネシウムリチウム合金素材を採用して761gというクラス世界最軽量のボディを実現した「LIFEBOOK UH75/B1」。単に軽いだけでなく、美しい外装や、充実した基本性能とインターフェイス、入力しやすいキーボードなど、魅力的な要素を数多く備えている。ハイレゾ音源に対応したヘッドホン端子を搭載しているのもその一つで、手持ちのハイレゾ対応ヘッドホンを挿し込めば原音に近いサウンドを楽しむことができる。

個人的には13インチで800gを切る軽さに大きな魅力を感じたので、カタログモデルの「LIFEBOOK UH75/B1」をお勧めしたいが、用途や利用シーンによってはバッテリ駆動時間やストレージの空き容量に不満を持つ人もいるだろう。その場合、直販サイト「WEB MART」で販売されているカスタムメイドモデルなら、より高速なCore i7-7500Uやロングバッテリ、大容量ストレージを選ぶことができるので、ぜひ検討してみてほしい。
(山口優)