将来のIntel CPUにThunderbolt 3を統合、ロイヤリティもフリーに

将来のIntel CPUにThunderbolt 3を統合、ロイヤリティもフリーに

画像提供:マイナビニュース

近い将来、インテルのCPUに「Thunderbolt 3」が統合される。これは、5月24日に米IntelがWebサイトで明らかにしたものだ。合わせて2018年には、Thunderboltのプロトコル仕様をロイヤリティフリーのライセンスとして提供。Thunderbolt互換チップの開発をサードベンダーに推奨していくとしている。

Thunderboltは、IntelとAppleが共同開発した規格。現時点で最新のThunderbolt 3は、40Gbpsという高速な最大データ転送速度(規格値)を備え、コネクタにはUSB Type-Cを用いる。Thunderbolt 3がCPUに統合されると、現在のUSBと同レベルの手軽な使い勝手が期待できるということだ。

USB Type-Cには様々な規格のデータを流せるので(USB、Thunderbolt、映像信号、電源など)、外部インタフェースとしてUSB Type-Cのみ搭載したPCが標準的となるかもしれない。また、Microsoftも、Windows 10 Creators UpdateでThunderbolt 3のサポートを強化している。
(林利明)

関連記事(外部サイト)