COMPUTEX TAIPEI 2017 - Intel、最大18コアのハイエンド向け新CPU「Intel Core X」シリーズを発表

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Intel、最大18コアのハイエンド向け新CPU「Intel Core X」シリーズを発表

画像提供:マイナビニュース

Intelは5月30日、台湾で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2017の基調講演にて、デスクトップ向けハイエンドCPU「Intel Core Xシリーズ」を発表した。Core XシリーズとしてCore i5X/Core i7X/Core i9X/Core i9 Extremeというグレードで製品を提供。中でも最上位モデルのIntel Core i9-7980XEでは18コア/32スレッドを実現し、1,000個ロット時の単価は1,999ドル。

「Intel Core Xシリーズ」は、これまでSkylake-XやKabylake-Xという開発コードネームで知られたCPU。4コア/6コア/8コア/10コア/12コア/14コア/16コア/18コアを用意し、4コアモデルがKabylake-X、6コア以上がSkylake-Xであるという。

ゲーミングやコンテンツ制作といった高いパフォーマンスが求められる用途向けの製品で、プラットフォームはIntel X299に刷新。ソケットは、従来のLGA 2011v3からLGA 2066へと変更となった。PCIe 3.0のレーン数は最大44レーン。また、メモリは4チャンネルのDDR4で最大2666MHzをサポートする。

Intelによると、従来世代と比べて、シングルスレッドで最大15%、マルチスレッドで最大10%の性能向上を実現したという。

主なSKUは以下の通り。アーキテクチャの詳細については追って紹介する。

関連記事(外部サイト)