COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASRock、なんとフル機能を詰め込んだX299チップセット搭載Mini-ITXマザー!

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ASRock、なんとフル機能を詰め込んだX299チップセット搭載Mini-ITXマザー!

画像提供:マイナビニュース

Intelが発表したIntel Core Xシリーズに合わせて、ASRockはCOMPUTEXの自社ブースにて、Intelの新チップセット「X299」を搭載するマザーボードを6種類展示した。中でも注目なのは「X299E-ITX/AC」である。なんと、Mini-ITXフォームファクタながら、機能がてんこ盛りの変態的(褒め言葉)マザーボードなのだ。

Mini-ITXだと拡張性が犠牲になりやすいところだが、この製品はドーターカードを2枚利用することで、これを解決。フロント側のカードでは、SATA×6ポートとUSB3.0ピンヘッダ、リア側のカードでは、M.2スロット×1を用意した。M.2は基板の裏側にも2スロットあるとのことで、合計3スロットが利用可能だ。

メモリはSO-DIMMとなるが、4スロットを確保。ネットワークは、Intel製コントローラの有線GbEをデュアル搭載するほか、IEEE802.11acの無線LANも利用できる。バックパネルには、USB3.0×4に加え、USB3.1×2(タイプA+C)も用意されている。

X299チップセットで採用される新型ソケットLGA2066が基板の4分の1ほどを占有しており、Mini-ITXサイズだとレイアウト的にかなり厳しそうな印象。それでもこれだけの機能を盛り込むとは驚く限りだが、さすがに10層基板を採用しないと実装は不可能だったそうだ。なお価格については、説明員によれば、300ドル以上になるのではとのこと。
(大塚実)

関連記事(外部サイト)