「PCMark 10」登場 - テスト項目を統合し、従来バージョンから短時間で実施が可能に

「PCMark 10」登場 - テスト項目を統合し、従来バージョンから短時間で実施が可能に

画像提供:マイナビニュース

●デスクトップ向けベンチマークソフトの新バージョン
FutureMarkは6月5日、デスクトップ向けベンチマーク「PCMark」の新バージョン「PCMark 10」を発表した。ということで、新バージョンの概要や手近なシステムで実施した結果などを紹介したい。

前バージョンのPCMark 8がリリースされたのは、2013年7月だから、およそ4年ぶりの更新となる。今回の特徴は"PCMark 10 is easier to use and takes less time to run. In fact, the main PCMark 10 test takes less than half the time of the equivalent test in PCMark 8."(PCMark 10は、PCMark 8よりもより手軽に短時間でテストできる。実際、半分未満の時間でPCMark 8と同等のテストが可能)とされている。

実は今回のリリースに先立ち、3月28日に3DMark VantageとPC Mark Vantageのサポートを4月11日で終了するというリリースがFutureMarkから出されているが、このリリースの中にさらっと"PCMark 10, coming soon, for Windows 10."という一文が入っており、近日リリースされることが明らかになってはいた(とはいえ、このタイミングとは思わなかったが)。

○テスト構成 - テスト項目の統廃合が進む

PCMark 8の場合、Home/Work/Creative/Storageという4種類のWorkloadが用意され、Home/Work/CreativeについてはさらにOpenCLの有無で合計7つ。さらにMicrosoft Officeをそのまま使うテスト、それとAdobeのCreative Suiteを使うテストもあり、これ合わせると9種類ものテストがあった。PCMark 10ではこれを3種類に統合する。

新しくTest Groupという概念が導入され、Essentials/Productivity/Digital Contents Creation/Gamingの4Groupが用意されている。これに対してテストはPCMark 10とPCMark 10 Express、PCMark 10 Extendedの3種類となる。Groupとテストの関係は下の通りだ。

この3種類のテストのどれを実行できるのか、というのはPCMark 10のEditionと関係している。

となっている。Basic Editionは無償で利用できるが、言ってみればPCMark 10を実行することだけしかできない。Advanced Editionは有償(29.99ドル)だがすべてのテストを実行できるほか、以下のような特徴を備える。

個別のテスト結果を比較可能
テスト中のCPU/GPUの負荷状況や動作周波数・温度などをモニタリング可能
テストのカスタマイズ可能
オフラインでの結果の保存が可能

Professional Edition(価格は現時点では未公表)はこれに加えて結果のXML/PDF出力とかコマンドラインでの起動、商用利用、電子メールおよび電話サポートが付く形だ(追記:Professional Editionは年額1495ドルと発表された。)。

PCMark 8とPCMark 10の比較も示されており、これによれば

となっている。基本的にはシナリオ類はある程度継承されてはいるが、基本的に別のものになっているため、PCMark 10とPCMark 8間での性能比較はできなくなっている。ちなみにこうした統廃合の結果としてテスト時間が大幅に短縮された。FutureMarkによれば、所要時間は以下のように短縮されたという。

また、PCMark 10はWindows 10向けとされているという話をしたが、実際にはWindows 7 SP1やWindows 8.1でも稼動する。最小テスト構成は以下の通り。

意味があるかどうかは別として、一応スペック上で見ると、例えばIntelのComputeStickとかComputeModuleでも動作する(2GB MemoryのものでもPCMark 10 Expressは動く)わけだ。

●早速インストールと実行
○インストール & 実行

そのPCMark 10だが、インストールは余り悩むことはない。ダウンロードしたら、インストーラーを起動すると言語設定(Photo01)→使用許諾の確認(Photo02)→インストール場所の指定(Photo03)の後はインストールが実行され(Photo04)終了である。

インストール後に起動すると、こんな画面になる(Photo05)。ここでACTIVATEを実施すれば理論上はBasic Editionになる筈なのだが、まだBasic Editionの公開日でないためか、Benchmark一覧(Photo06)を見ると、どのテストもLockが掛かっており実施できない。Options画面で"Enter your upgrade key here"にキー(今回はProfessional Editionのキーを利用した)を入力するとProductの表記が変わり(Photo08)、全てのテストが利用可能になる(Photo09,10)。

さて実際のテストである。PCMark 10(Photo11)/PCMark 10 Express(Photo12)/PCMark 10 Extended(Photo13)とも、デフォルト状態だとRunボタンを押すだけ、というあたりは3DMarkにインターフェースが近付いている。Custom runを選ぶと、個々のテストを実行する/しない、あるいは細かなテスト設定が可能になっている(Photo14〜16)。

テストそのものの所要時間は上に

PCMark 10 Express:18分
PCMark 10 26分
PCMark 10 Extended:34分

と示されているが、筆者の環境では

PCMark 10 Express : 15分
PCMark 10:22分
PCMark 10 Extended: 25分

で終了した。終了すると結果が一覧で表示される(Photo17)。また下にあるMonitoringは、detail表示をOnにするとかなり細かく示される(Photo18)。これはPCMark 10 Expressでも同じ(Photo19)である。ただこれ、Detail Scoresのチェックを外すと、一番テスト項目の多いPCMark 10 Extendedでもこんな感じである(Photo20)。

ちなみにテスト結果であるが、FutureMarkによれば、同社のベンチマークの場合は精度というかバラつきが3%の範囲内に収まる様に設計されているが、実際のベンチマーク環境はOSの管理下で行われているから、想定を超える範囲のバラつきが出ることは当然ありえるという。したがって、複数回実行してその結果の平均を取ることを推奨している。

○テスト結果の算出

テスト結果の算出方法だが、基本は相乗平均である。PCMark 10 ExtendedのOverall Scoreは

Overall Score = K×geomean(Se, Sp, Sd, Sg)

となっている。ここでKは0.780で、これはReference PCでOverall Scoreが5000になるように調整しているとのことだ。Se/Sp/Sd/Sgは、それぞれEssential/Productivity/Digital Contents Creation/Gamingの各GroupのScoreである。

では各GroupのScoreはどのように算出されるかというと、これも相乗平均である。例えばEssential GroupのSoccerは

Essential Score = geomean(R1, R2, R3)

で、R1がApp Start-up Score、R2がWeb Browsing Score、R3がVideo Conference Scoreというわけだ。

個別のテストにおけるScoreの算出法は異なっており、例えばApp Startupの場合は

App Startup Score = K÷geomean(R1,R2,R3,R4,R5,R6,R7,R8)

である。ここでR1〜R8は4種類のアプリケーション×2つのタイプ(Warm Start/Cold Start)でそれぞれの所要時間(秒)となり、Kは15823と指定されているといった具合だ。個別に説明すると紙面が幾らあっても足りないので割愛するが、興味ある方はPCMark 10のTechnical Guideに算出法が記載されているので見ていただければと思う。

○実際にテストを実行

実際に実施してみた結果を簡単にご紹介する。検証環境は以下の通り。

まずPCMark 8の結果だが

であり、一方PCMark 10の方だが

となっている。まずPCMark 10の結果で言えば、EssentialとProductivityはどのテストでもほぼ同じなので、PCMark 10やPCMark 10 ExpressをやらなくてもPCMark 10 Extendedだけで十分のようだ。ただし、複数回繰り返して平均を取るのが無難だといえる。

またOverall Scoreに関しては、今回の環境ではDigital Contents CreationやGamingが著しくスコアが低く、これを含めるとスコアが落ちる。これはOverall Scoreだけでは分かりにくいので、個別のGroupのスコアを全部示すか、あるいはPCMark 10 Extendedの結果からPCMark 10/PCMark 10 Expressのスコアを算出するか、どちらか(あるいは両方)が必要に思える。

PCMark 8との対比だが、見事に関係がなくなっているというか、PCMark 8の結果からPCMark 10の結果を見出す(逆でもいいが)のは極めて困難である。当面は、PCMark 8とPCMark 10の両方を併用しながら、という形にするのが無難かもしれない。とりあえず筆者は当面、両方の結果を示しながら性能を判断する形にしたい。
(大原雄介)