ASUS、Intel B250搭載のMini-ITXマザーボード「ROG STRIX B250I GAMING」

ASUS、Intel B250搭載のMini-ITXマザーボード「ROG STRIX B250I GAMING」

画像提供:マイナビニュース

ASUSTeK Computerは6月6日、チップセットにIntel B250を搭載したMini-ITXサイズのゲーミングマザーボード「ROG STRIX B250I GAMING」を日本市場向けに発売すると発表した。6月9日の発売を予定し、価格はオープン。店頭予想価格は税込15,000円前後。

ASUS独自のデジタル電源回路「DIGI+ VRM」を採用するほか、PCI Expressスロットは金属で補強した「SafeSlot」仕様となっている。また、マザーボードの表面と背面に1基ずつM.2スロットを備えるが、うち表側にはヒートシンクが付属。M.2ストレージの温度を最大20度下げることが可能だとし、長時間の稼動でもストレージの性能を安定して引き出せるという。

ゲーム向けサウンド機能として「ROG SupremeFX」を搭載。デジタルエリアとアナログエリアを分離して、ノイズの侵入を抑えるほか、120dBのSN比を実現する。さらにゲーム内の音の方向を視覚化する「Sonic Radar III」を備える。

LANコントローラはIntel製の「Intel I219-V」。一般的なLANポートとくらべて1.9倍の静電気の電圧に耐えるポート「LANGuard」を採用する。また、ゲームのデータ通信の優先度を上げることでネットワークゲームのタイムラグを減らすソフト「GameFirst IV」が利用可能で、有線LANと無線LANを同時に使用することで通信帯域を上げる「Multi-Gate Teaming」機能にも対応する。

関連記事(外部サイト)