WWDC17基調講演、「プロユーザー軽視」の批判を吹き飛ばす怒濤の製品発表

WWDC17基調講演、「プロユーザー軽視」の批判を吹き飛ばす怒濤の製品発表

画像提供:マイナビニュース

●もしもアプリがなくなったら、世界はディストピア
開発者カンファレンス「WWDC17」の基調講演で、Appleは「10.5インチiPad Pro」、第7世代Intel Core(Kaby Lake)搭載の「iMac」と「MacBook」「MacBook Pro」をリリースし、そして年末に発売するハイエンドデスクトップ「iMac Pro」とホームミュージックスピーカー「HomePod」のスニークピーク発表を行った。一方で、次期iOS「iOS 11」と次期macOSの「macOS High Sierra」の発表には時間をかけたものの、「watchOS 4」は駆け足で、「tvOS」についてはほとんど触れなかった。

WWDCは開発者カンファレンスであり、基調講演会場は開発者で占められ、世界中で開発者がライブストリーミングを視聴している。それにも関わらず、AppleはWWDCの基調講演でハードウエア製品を多数発表した。過去を振り返ると、こうした時には「開発者を軽視した基調講演」と開発者コミュニティから酷評されていた (逆のケースは「地味でサプライズのない基調講演」とメディアに叩かれる) 。だが、今年は違った。

WWDC17の基調講演は、Appleが開発者やクリエイターといったプロユーザーと向き合った基調講演だった。

オープニングの「Appocalypse」(黙示録)というビデオから開発者向けだった。

おそらく新キャンパスへの引っ越しのことを言っていると思うが、「もうすぐ大きな移動があるから」という理由で新入社員の机が決まらず、App Storeのデータセンターの片隅に置かれたデスクが一時的にあてがわれる。その新入社員が私物の卓上流水オブジェを動かすためにサーバーのコンセントを引っこ抜いて、App Storeが停止。世界中のiOSユーザーの端末からアプリが消え、子供は泣くわ、ナビが消えて事故が多発するわ、App Storeのブラックマーケットができてしまうわ、世界中がディストピアと化す。

このビデオ、ユーザーの立場で見たら、モバイルで便利になった今日の世界がAppleにコントロールされているような気分になる。面白いけど、不快に感じる人もいそうだ。そう感じた人は、アプリ開発者の視点で見てほしい。それが正しい見方である。「もしスマートフォンがなかったら」と考えられることはよくあるが、「もしアプリがなかったら、どうなるか」……それはスマートフォンがない世界も同然である。スマートフォンの便利さはアプリが生み出す様々なソリューションがあってこそ、アプリ開発者の力で今の便利なモバイルは成り立っている、というのがこのビデオのメッセージだ。最後に「Keep making apps. The world depending on you.」という開発者へのメッセージが現れる。

倒産寸前だったAppleがSteve Jobs氏の復帰後に回復できた理由として、よくカラフルなiMacのヒットやiPodの大ヒットが挙げられるが、UNIXベースのOS Xが開発者に好まれたのも大きかった。OS Xが開発者に支持されたから、PC市場におけるシェアで劣るMacに良質なアプリケーションが提供され、App Storeのオープン時にiPhone向けのアプリが怒濤のように登場した。

しかし、そんなAppleと開発者の良好な関係に暗雲が漂い始めている。新しいiPhoneを毎年秋に発売する一方で、Mac ProやMacBook Proは何年にもわたって刷新されてこなかった。MacBook Proは昨年のホリデーシーズンにリニューアルされたものの、搭載メモリーの制限、Thunderbolt 3に絞り込まれた拡張ポートなどから「プロ向けと呼べるのか?」という議論が広がった。さらにタイミングよくMicrosoftがWindows 10にLinuxを取り込んだこともあり、脱Macを宣言する開発者も出てきて、そんなブログ投稿が広くシェアされた。

そうした状況にAppleは危機感を感じているのだろう。今年4月に同社は、プロ向けの製品戦略の誤りを認め、プロ向けの設計を徹底するMac Proの開発を公表すると共に、プロユーザーの継続的なサポートを約束した。

そんなプロユーザーを重視する姿勢が、今回の基調講演にも貫かれていた。数多くのハードウエア製品が発表されたが、MacBook ProやiMacは最新のプロセッサを求める開発者の要望を満たすアップデートであり、iMac Proはワークステーション・クラスと呼べるデスクトップMacである。新しいiPad Proはクリエイターの要望に応えるアップデートであると共に、今年秋に登場するiOS 11のiPad向け新機能との組み合わせによって、アプリ開発者にiPad向けアプリの新たな可能性を提供するものになる。

今発表されているPC新製品は、多くがKaby Lake搭載である。Kaby Lake搭載自体は驚くようなことではない。が、Appleは昨年10月〜11月に販売を開始したばかりのMacBook Proまで早くもアップデートした。次のCPU世代も速やかに採用するというメッセージはなかったものの、今回の基調講演を通じて、多くの開発者が4月の約束をAppleが守っていると感じたと思う。

●WWDC17キーノートの6つのポイントを振り返る
Apple開発者プログラムの登録者数は約1,600万人。昨年だけで300万人も増加した。WWDC17の現地参加者数は約5,300人、世界75カ国から集まっている。登壇したTim Cook氏 (CEO)は「過去最大、そして最高のWWDC」になると宣言、最年少であるオーストラリアから参加した10歳のYuma Soeriantoくんと、日本から参加した82歳の若宮正子さんを紹介して基調講演をスタートさせた。ちなみにYumaくんは6歳でプログラミングを始めて、すでに5つのアプリをApp Storeに登録している。若宮さんは今年初めに初めてのiOSアプリの配信が始まったばかり。アプリを作るのに早すぎることはないし、何歳になっても始められる。大切なのはやる気とアイディアである。

基調講演本編は、以下の6つのテーマで進められた。

tvOS: AmazonがtvOSアプリを提供するというビッグニュースが発表されたが、tvOSのアップデートには触れずに2分弱で終了。
watchOS 4: 様々な機能の中から、時刻やユーザーの行動分析から必要な情報を必要に応じて表示させる「Siriウォッチフェイス」、Apple Musicのプレイリストへのアクセスなどをデモ。
Mac: 今年はmacOS新版の名称で引っ張らずにあっさりと「macOS High Sierra」を発表した。新テクノロジとして、Apple File System (APFS)、H.265、Metal 2の3つを紹介。そしてiMacのアップデートを発表、Metal for VRに関連してIndustrial Light & MagicのJohn Knoll氏が登壇、VRコンテンツ作成におけるオブジェクト配置のデモを披露した。続いてMacBookおよびMacBook Proのアップデートを発表。最後にiMac Proのスニークピークを行った。
iOS: 「iOS 11」を発表。数々の新機能を紹介した後に、新デザインのコントロールセンターおよび通知センター、Live Photosのループ/バウンス/長時間露光、新しいメモリー、向上したSiriのプロアクティブアシスタント、新デザインのApp Storeなどをデモ。テクノロジー面では機械学習とAR (拡張現実)にスポットライトを当て、Peter Jackson氏が設立したWingnut ARが開発中のARコンテンツのデモを披露した。
iPad: 10.5インチiPad Proを含むiPad Proの刷新を発表。SerifのAsh Hewson氏がユーザー待望のiPad版「Affinity Photo」(6月5日発売)を使って「パイレーツ・オブ・カリビアン」のポスターを作成するデモ。そしてDockやドラッグ&ドロップなど、秋に登場するiOS 11のiPad向け機能強化を説明。最後にApple Pencilの「インスタントマークアップ」をデモ。
ミュージック:ホームミュージックを再発明するデバイスとして「HomePod」をスニークピーク発表。

●AI、拡張現実と仮想現実に対して独自のアプローチ
振り返ると、開発者サポート重視以外にも、様々な点においてAppleの姿勢が明確になった基調講演だった。

まず、機械学習とAIに対する踊らない姿勢だ。機械学習やAIはIT産業の枠を超えてトレンド化しており、MicrosoftやGoogleは今年春に開催した開発者カンファレンスでAIの取り組みを大々的にアピールしていた。だから、WWDCも今年は「SiriのWWDC」になると予想する声が少なくなかった。ところが、Siriは6つのテーマの1つに含まれていなかった。

機械学習やAIはAppleの製品ではなく、最高の体験をユーザーに提供するための技術やツールに過ぎないというのがAppleの姿勢である。だから、機械学習やAIの取り組みだけを大げさにアピールすることはしない。だからといって、AppleがAIをあきらめているわけでも、軽んじているわけでもない。Apple WatchのSiriウォッチフェイスのインテリジェントな情報表示、Webのトラッキングからのユーザーの保護、Apple Pencilの快適な書き心地、ユーザーが求めるアプリの提案や文字入力候補の表示など、Appleの製品やサービスの様々なところに実用的な形で機械学習やAIは活かされている。そして、そうした機能は少しずつアプリ開発者にも開放されている。

HomePodもSiriが裏方で活かされている例の1つと言えるだろう。米国でヒットしているAmazonのスマートスピーカー「Echo」に対抗する製品になるが、Googleが「Google Home」で「Amazon Alexa対Google Assistant」のAI勝負を仕掛けたのとは違って、AppleはリビングルームでApple Musicを存分に楽しめるホームミュージック・デバイスとしてHomePodをデザインした。リビングルームに置くスピーカーにユーザーが何を求めるかを考えた結果だろう。Apple Music向けにチューニングされた優れたオーディオ品質がセールスポイントである。

もちろん、アラームを設定したり、ニュースを聞いたり、照明を消すといった様々なアシスタントも頼める。だが、リビングルームで音楽を楽しむデバイスで最も必要とされるのは、4,000万曲を超える巨大な音楽ライブラリを効率的にブラウズする方法だ。ユーザーの普段のApple Musicの利用を知っているSiriは、それを手助けしてくれる。音楽ファースト、Siriは控えめに快適な音楽ライフをアシストする。Appleらしいスマートスピーカーである。

そしてもう1つ、これまで沈黙を保っていたAppleがVRとARに真剣に取り組んでいることを示した。MacでVRに対応し、iOSでARサポートに踏み出した。

とはいえ、PCゲーマーがMacを購入しないのと同じ理由で、現状においてVRを楽しむためにMacを買おうという人は少ないと思う。Appleが視野に入れているのは、VRが広く一般に普及し、ゲーム以外にも様々なソリューションに活かされる将来である。VRやARを楽しむには高性能なデバイスを揃える必要があり、また高品質なコンテンツの作成にはコストがかかる。ハードウェアとソフトウェア、OSが統合的に開発された高性能なモバイルデバイスであるiOSデバイスは、すぐにでもARで要求される高度な環境に応えられる。ARプラットフォーム「ARKit」の発表で、AppleはiOSプラットフォームによってARKitが一夜で「世界最大のARプラットフォームになる」とアピールしていた。加えて、iOSデバイスのユーザーは有料アプリや有料コンテンツを試すのに積極的である。

ARやVRでAppleは後発ではあるが、ARやVRの次のフェーズを見据えたクリエイターやアプリ開発者にAppleのプラットフォームは魅力的に映るだろう。いずれAppleがARやVRのデバイスを手がけるという未来も想像できる。もちろんAppleが提供するなら、今日のARデバイスやVRデバイスに対するユーザーの不満を解消し、ユーザーの暮らしを変えるような体験に技術を活かしたものになるだろう。
(Yoichi Yamashita)

関連記事(外部サイト)