ASUS、AMD B350搭載のゲーミングマザーボード「ROG STRIX B350-F GAMING」

ASUS、AMD B350搭載のゲーミングマザーボード「ROG STRIX B350-F GAMING」

画像提供:マイナビニュース

ASUSTeK Computerは6月7日、チップセットにAMD B350を搭載したRyzenシリーズ対応のゲーミングマザーボード「ROG STRIX B350-F GAMING」を日本市場向けに販売すると発表した。6月9日に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込17,000円前後。

ゲーミングブランド「ROG」のゲーミングマザーボード。CPUへの安定した電力供給を行うデジタル電源回路「DIGI+ VRM」に加えて、オーバークロック関連の制御を行う、「TPU」(TurboV Processing Unit)、自動でPCの消費電力を抑える「EPU」といった独自の制御チップを搭載する。

ゲーム向けの高品質オーディオ機能「ROG SupremeFX」を採用。デジタルエリアとアナログエリアを分離することで、ノイズの侵入を抑え、クリアの音質でゲームを楽しめるという。また、ゲーム内で発生した音声の方向を可視化する「Sonic Radar III」が利用できる。

LANコントローラはIntel製の「Intel I211-AT」で、ポートは最大15,000Vの過電圧に耐える「LANGuard」仕様となっている。さらにゲームなど特定アプリケーションに対して、通信の優先度を上げることができる「GameFirst IV」を備える。

このほか、PCI Express x16は金属で補強した「SafeSlot」を搭載。イルミネーション機能「Aura」や、ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を備える。

関連記事(外部サイト)