(無線LANルータ+中継機)×3台で約33,000円 - 「オールカバーホームWi-Fiシステム」とは?

(無線LANルータ+中継機)×3台で約33,000円 - 「オールカバーホームWi-Fiシステム」とは?

画像提供:マイナビニュース

●IEEE802.11ac 2×2の最大867Mbps
中国・深センに拠点を置くTP-Link Technologiesの日本法人、ティーピーリンクジャパンは、「無線LANルータと中継機の垣根をなくす」をコンセプトに掲げた新しい無線LAN機器「Deco M5」を、2017年6月22日から発売する。

Deco M5を一言でいうと、「中継機能を兼ね備えた無線LANルータ」だ。興味深いのは価格設定で。3ユニットがセットになった「Deco M5(3-Pack)」の店頭予想価格は約33,000円(税込)。1ユニット版「Deco M5(1-Pack)」のは約12,000円(税込)とのことだが、発売時期などは未定だ。ここまで安価にできた理由として、ティーピーリンクジャパン ディストリビューションマネージャーの木下裕介氏は、グローバル企業の強みと自社設計であることを強調した。なお、6月12日から予約受付を開始している。

Deco M5の「オールカバーホームWi-Fiシステム」は、TP-Link独自開発のメッシュネットワーク技術と、それを支えるTP-Link ARTで実現した。メッシュネットワーク技術は、無線LAN機器の各ユニット間で、バスケットコート1面に相当する420平方メートルの伝達を可能にしている。

後者のTP-Link ARTは、各ユニット間の位置を把握するため、ネットワーク内で電波リソース情報を交換する802.11kと、アクセスポイントの負荷情報を提供してクライアントローミングの動作を制御する802.11v、そしてAPステアリングを利用。場面に応じて、2.4GHz帯か5GHz帯のいずれかを自動的に選定するというものだ。

機能を説明したティーピーリンクジャパン ディストリビューションマネージャーの木下裕介氏は、「『適用型ルーティングテクノロジー』は、Decoが最適な経路を選択するので、ユーザーは周波数を意識する必要がない。また、何らかの理由で1つのユニットが応答しない場合も、迂回経路を探してインターネットへの接続を維持する」と説明していた。

Deco M5のスペックは下図で示したように、Qualcomm製クアッドコアCPUを搭載し、送信2本×受信2本の内蔵アンテナで最大867Mbps(5GHz帯の11ac時、2.4GHz接続時は400Mbps)の転送速度を実現。ティーピーリンクジャパンのハイエンドモデルに位置する「Archer C5400」は2,167Mbps(5GHz帯の11ac時)であることから、Deco M5のコンセプトが「家族のスマートフォンを含めたネットワークデバイスを包括的に管理する無線LANルータ」であることが見えてくる。

なお、下記画像に含まれないスペックとしては、Bluetooth 4.2、フラッシュメモリーは32MB、SDRAMは256MB、準拠する無線LAN規格は5GHz帯のIEEE802.11ac/n/a、および2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nといった具合だ。

●トレンドマイクロのセキュリティ技術を導入
もう1つの特徴が、トレンドマイクロのセキュリティ技術をベースとした「TP-Link HomeCare」。マルウェアに代表されるサイバー脅威から、Deco M5に接続したネットワークデバイスを保護する機能だ。トレンドマイクロが作成したウィルス定義ファイルによる保護や、ペアレンタルコントロール、QoS(Quality of Service)の3機能を提供する。

気になるのはDeco M5本体と同じ3年間の保証期間後だが、木下氏は何らかの形でユーザーに延長方法を提供する予定ではあるものの、現時点では社内で検討中と説明していた。また、セキュリティ対策エンジンとしてトレンドマイクロを選択した理由については、「本社が決めたことだが、(トレンドマイクロは)プロセッサーへの負荷が低く、全体的なバランスがよい」(木下氏)からだという。

また、随時更新するデータベースを用いて悪意を持ったWebサイトのブロックや、デバイスがマルウェアに感染した場合は自動的にネットワークから隔離する機能も備えている。

ペアレンタルコントロールは、プロファイルを作成した利用者のネットワーク接続可能時間帯や最大接続時間の制御、コンテンツのフィルターレベル、アクセスしたWebサイト情報のチェックが可能。昨今は小学生もスマートフォンを使う時代のため、お子さんを持つご家庭にはありがたい機能だろう。

なお、QoSはアプリケーションやデバイスの優先順位設定で、ネットワーク帯域を優先的に振り分けることが可能。例えば、ネットワーク管理者である父親のPCに対して優先度を高め、子どもたちのスマートフォンは低くするとった設定だ。アプリケーションに関しても、ゲームやストリーミング、Webページ閲覧など目的に応じた優先順位を付けられる。木下氏はセキュリティ全般に対して、「今後増えていくであろうIoTデバイスを含めたネットワーク全体を保護できる」とアピールした。

Deco M5の設定は、スマートフォンやタブレットベースですべて行える簡単設計だ。アプリケーション上に1ステップごとのセットアップ機能を用意し、ユニットの配置やFTTHモデムとのケーブル配置、SSIDの設定などがすべて行える。2台目のユニットは本体設定を完了すれば、Bluetooth経由で他のユニットと接続するため、ネットワークに詳しくないユーザーでも容易に使えるのが特徴的だ。現在、無線LANルータと中継機を併用して、家庭内の無線LAN環境を構築している方には、Deco M5は興味深い選択肢となるだろう。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

関連記事(外部サイト)