PC・スマホの映像をワイヤレスで投写できるレーザー光源DLPプロジェクタ

PC・スマホの映像をワイヤレスで投写できるレーザー光源DLPプロジェクタ

画像提供:マイナビニュース

LGエレクトロニクス・ジャパンは14日、DLP方式のレーザー光源プロジェクタ「ProBeam」シリーズより、新モデル「HF80JG」を発表した。6月21日に発売する。店頭予想価格は190,000円前後(税別)。

レーザー光源を採用する家庭用プロジェクタ。内蔵エンジンの形状をスリム化することで、片手で持ち運べるコンパクトサイズになっている。最大120インチまでの投写が可能で、解像度は1,920×1,080ドットに対応。明るさは2,000ルーメンを確保し、光源寿命も約20,000時間と長いため、ランプ交換の手間やコストを削減できる。

Bluetoothに対応しており、スマートフォンやPCの映像をワイヤレスで投写可能。また、Bluetooth対応のスピーカーや、ヘッドホンなどの音声出力機器へのワイヤレス出力にも対応する。自動的に画面の歪み補正をする自動キーストーンをサポートし、4コーナー台形補正により正確なスクリーン補正が可能。

本体にはUSBポートを装備し、USBストレージに保存されているファイルの再生が可能。動画 / 画像 / 音声ファイルのほか、xls / doc / docx / ppt / pptx / txt / pdfなどのドキュメントにも対応する。

主な仕様は、輝度が2,000ルーメン、コントラスト比が150,000:1、画面サイズが30〜120型で、必要距離は0.9〜3.7m。映像入力インタフェースはHDMI×1(MHL対応)。3W+3Wのスピーカーも内蔵する。本体サイズはW108×D252×H144mm、重量は2.1kg。バッテリは内蔵せず、電源はACアダプタ。消費電力は140W。
(リアクション)

関連記事(外部サイト)